こんにちは!
PersonaliTVの佐藤安南です。

このところ、
「動画を作りたいので教えてください!」というご相談が、
とっても多くなりました。

ありがたいことですm(_ _)m

で、その時には必ず私から、
「どうして動画を作りたいんですか?」とご質問するんですね。

すると、こんな風にお答えになる方が、
結構いらっしゃるんです。

「だって、動画は楽だから」

え、え、え???
ら、ら、楽???

そそそそうなのかー(゜◇゜)ガーン

20年以上映像の世界にいるけれど、
楽なんて考えたことは一度もなかったな−(゜Д゜)

初めて「動画は楽だから」というお答えを聞いた時は、
本当にビックリして、両目がグルグル回っちゃいましたよ。

ですが、よーく考えて見れば、
確かに皆さんのおっしゃる通りなんです。

20年前と言わずとも、
10年、いえ、5年前に比べると、
動画を作ることは、本当に本当に、
「楽」になりましたよね!!

スマホで撮って、
すぐにYouTubeにアップロードできるなんて、
数年前には考えられなかったことです。

これって、
カップラーメンと同じだなあと、
ふと思ったんですね。

昔はラーメン屋さんに行かなければ食べられなかった、
あの究極の名店のラーメンが、
今や、カップラーメンになって食べられる!
「楽」だー!

これと、同じことじゃないかと思うんです。

でもね、やっぱり、
カップラーメンは、
カップラーメンの味しかしないんですよ。

きっちり時間をかけて仕込まれたお店のラーメンと、
お湯をかけて3分でできるカップラーメン。

味は違ってアタリマエですよね…。

つまり、「楽」に作ろうと思ったら、
それなりの味で我慢しなきゃならないってことです。

ですが!

見方をちょっと変えてみると、
「究極のラーメン」も、
実はとっても「楽」なんですよ。

それはつまり、
作るのが「楽」ということではなくて、
食べる側が、「楽」で「楽しい」ということ。

これって、動画もまったく同じなんです。

動画が素晴らしいのは
見る側が、とってもとーっても、
「楽」だということ。

いちいち細かな取扱説明書を読まなくても、
わざわざ時間とお金をかけて会場にでかけなくても、
使い方が、その場の様子が、手に取るように分かる!

なんて楽なんだー!!!!

つまり、皆さんにぜひ作ってもらいたいのは、
「お客さん」が「楽」に見られる動画なんです。

そのためには、やっぱり、
自分が「楽」をしようと思わずに、
心を込めて、仕込みをしたほうがいいですよね♥

あ、いや、
「究極のラーメン」を目指す必要はないですよ。
インスタントラーメンでいいんです。

でも、ちょっと一手間かけて野菜炒めを乗せたり、
自分でチャーシューを切ってトッピングしたり、
味のある器に入れたりしたら、、、

それはもう、あなただけの、
心のこもった一品ですよね!!!!

というわけで、ぜひ皆さんは、
「一手間かけた我が家の味」で、
見る人が「楽♪」になる動画作りを目指してくださいね!

え?どうやって一手間かけたらよいのか、ですって?

その方法は、こちらにくわしく書いてありますよ♪

ではでは、また!