こんにちは!
PersonaliTVの佐藤安南です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
私は、大のカエル好きなんです。

先日も、近所へ散歩に出た時、
大好きなカエルのぬいぐるみを見つけて、
「お持ち帰り」していまいました…

動画でも、
カエルの面白動画を「お気に入り」登録しては、
何回も見て、楽しんでいます。

皆さんにも、
そんな動画が、きっとあるはずです。

「とうしても目が離せない」
「思わず最後まで見てしまう」

映像の世界では、
いわゆる「鉄板ネタ」というものが、
3つあります。

これならある程度の視聴率は取れる、
そんなネタです。

1つは、動物ネタ。

これはもうお分かりですね。

ワンちゃんニャンちゃんの動画は、
きっとほとんどの人が
「かわいいー」とキュン死して見てしまいます。

私の好きなカエルも、動物ですね。

大自然の野生動物を追ったドキュメンタリーも、
熱心なファンが多いジャンルですよね。

2つ目は、赤ちゃんや子ども。

子どもの面白い行動や愛くるしいしぐさは、
見ているだけで楽しいですよね。

また、天才子役の演技には、
なぜだか目を引きつけられてしまいます。

では、
3つ目のネタとは何でしょうか?

その答えは、こちらにあります。

それはズバリ、
「エロス」です(爆)

動画に限らず、
あらゆるメディア、表現を発展させてきたのは、
エロスであると言っても過言ではありません。

エロスは、
人間の根源的欲望の1つですからね。

動物、子ども、エロス。

この3つは、どちらも、
「多くの人が感情移入できる」ネタ。
だからこその「鉄板ネタ」なんです。

しかし…

皆さん自身のビジネスを紹介する動画で、
赤ちゃんや動物は、ネタにできませんよね(><) あ、ベビーマッサージとか、 ペット関係のお仕事なら、ありかもしれませんが… ということは… 残る一つ、 エロスです(爆) あ、もちろん、ここで言っているのは、 あくまでも比喩的な意味ですよ。 つまり、 あなたの見込み客の欲求をそそるような内容を、 動画に盛り込むことが必要なんです。 お客さんは、どういう悩みを持っているのか? お客さんは、どうなりたいと願っているのか? お客さんは、どこを詳しく知りたいと思っているのか? 動画を撮る前に、まず考しっかりえておきたいのは、 「お客さんの欲求を満たす内容は何か」ということ。 あなたの爽やかな語り口を見たいのか。 あなたのゴッドハンドで癒やされたいのか。 あなたの厨房の裏側を覗きたいのか。 まずは、見込み客の立場になって、 「ここを見たい!」というポイントを 徹底的に洗い出しましょう。 いきなり何の準備もなく撮り始めて、 そのままYouTubeにアップロードするだけでは、 お客さんの「エロス」に火をつけられませんよ~。 ではでは、また!