急に真冬の寒さになりましたね!
体調を崩していませんか?

私のほうは…

12月に入ってから、連日、セミナーや大学の授業、
そして新しい仕事の打合せと、休み無く動いております。

ところがですね、
昨晩、
大変なことが起きました…

個別セッションを終えて、
背景に使っているロールカーテンを元に戻そうとしたところ…

突然、後頭部に衝撃が!!!!

「アイタタタ!!!!!(>_<)」

天井に止めていたロールカーテンの台が、
いきなり外れて落下し、頭を直撃したんです!!!

コントで金だらいが
頭上に落ちてくる様子を
思わず思い浮かべてしまいました(^^;)

多分、

「ちょっぴり休め」
「古いものは捨てろ」

そういう、
神様からのメッセージだと思います^^

というわけで、
昨晩は頭を冷やして早々に就寝。
おかげで、体力を回復できましたよ。

さて、先週は
「簡単動画の作り方セミナー」を
数日にわたり開催したのですが…

その中で、ご参加の方から、
こんなご質問をいただきましたよ。

「動画に向く職業、向かない職業って、あるんですか?」

ほほう、なるほど〜。

結論から言いますと、

どんな職業でも、動画に向いています。

ただし、

・より、動画にしやすい職業

・見せ方に工夫が必要な職業

こういう違いは、あります。

例えば、

サロンやセラピーなど、
実際に手技を見せるお仕事は動画で見せやすいですね。

それに対して、
コーチング・コンサルなど、
「形のないサービス」の場合は、
シナリオ、見せ方を練る必要がありますね。

でも、だからと言って、
コーチやコンサルタントという職業が
「動画に向かない」わけでは、ありません。

実際、ご存知のように動画を活用している
コーチ・コンサルタントの方は
たくさん、いらっしゃいますよね。

「職業」ではなく、
「内容」ということでしたら、
向かないものは、あります。

例えば…

契約書。

え、何バカなこと言ってるんだって?

いやいや、実際のところ、
細かな説明や取り決めが必要な契約書を、
動画にしようという人は、いませんよね。

なぜかというと、「向かない」から。

そういう意味では、
辞書や地図なんかも、
動画には向きません。

・正確で詳細な情報が必要なもの
・法律上の取り決め
・全体像を見渡す必要があるもの

こういうものは、
時間にそったストーリーを作れないので
動画には、向かないんですね。

でも、

・人柄を伝える
・手順を見せる
・雰囲気を伝える

こういう内容は、
動画にピッタリです。

つまり、
「動画に向かない職業」ではなく
「動画に向かない内容」が、あるんですね。

あなたのお仕事だって、
動画で伝えられるものが、必ずあります。

自身の表情、
作った商品、
お客さんの声、

あなたがどんな職業についていても、
必ず動画にできることが、ありますよ。

大事なのは、何を、どのように見せるかということ。

カメラ目線で話すのが苦手という方でも、
インタビュアーとして
バツグンの才能を発揮する方もいます。

必ず、その方それぞれに合った
「動画の作り方」が、あるんです。

私の仕事の場合は、どうしたらいいの? そう思われたなら…

ぜひ、1月から始まる
「ライブ動画完全マスター講座第2期」へご参加ください!

今期は先着6名様の募集ですが、
すでに3名様にご参加いただいています。

【残席3名様】です。

早期割引は12/14(金)までです。
どうぞ、この機会に、一番ふさわしい動画のあり方を
身につけてくださいね。
https://personalitv.com/consulting/live_season2/

ではでは、また!

(追伸)
12/25(土)は、残席3名様!
【編集無しで、すぐできる!簡単動画の作り方セミナーvol.2】
https://personalitv.com/consulting-non-edit_seminar2/

12/12(水)は満席です!12/25(土)は残席3名様!
【スマホだけで出来る!らくらく動画編集セミナー】

12/12(水)・13(木)・14(金) ・25(火)スマホだけで出来る!IT苦手でもOK!「本当に売れる」らくらく動画編集セミナー