PersonaliTV®︎

個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援する

[メルマガ] 生活感は「演出」です!

33 views
約3分

こんにちは!

個人事業主/起業家の皆さまを動画で応援するPersonaliTV®、
映像ディレクターの佐藤 安南です。

さてさて、昨日のブログで、「動画を撮影するときには、エアコンを切りましょう」とお伝えしました。

http://ameblo.jp/petitnoel2010/entry-11975673721.html

エアコンの音って、ふだんは気になりませんが、動画で音を録ると、とーっても気になるんですね。

こういう音って、いわゆる「生活音」というヤツです。

エアコンの音が背後でしているというだけで、その動画は、ものすごーく、生活臭がただよってしまうんですね〜。

その他にも、「生活臭」を漂わせる音は、たくさんあります。

  • ワンちゃんの泣き声
  • 道路を走る車の音
  • 子どもの声
  • ヘリコプターの音(これ意外と響くんです!)
  • 焼き芋屋さんの声(爆)

…結構ありますよね!

私がいつもいつも「マイクを使ってくださいね!」と言っているのは、
こうした「生活臭」を、できるだけ排除するためでもあるんです。

でもその一方で、「生活感」が必要なときもあります。

お分かりですか?

「生活臭」は要らないけれど、「生活感」は、ときとして必要なんですね〜。

つまり、あなたが、より親しみやすいキャラクターを印象づけたいときは、
ご自宅のリビングとか、ベランダとか、書斎とか、キッチンとか、
アットホームな場所で撮ると効果的だということです。

でも、注意しなければならないのは、決して「生活臭」を漂わせてはいけないということ。

たとえば、あなたがカウンセラーさんの場合。

書斎で自撮りの動画を撮ったときに…

背景に「アフィリエイトでガンガン稼ぐ!」(笑)とか
「経費で落ちるレシート・落ちないレシート」(爆)
なんてタイトルの本が見えちゃったら、いっぺんで興醒めですよね。

でも、すぐそばに、お気に入りのティーカップがあったり、

センスのよい文房具があったり、

書きかけのノートとか、パソコンが開かれていたりとかだったら、

それは、あなたの「お仕事の生活感」を表してくれるんですね。

むしろ、

なーんにもない殺風景な場所だと、あなたの息づかいが見えてこないので、見る人は、あなたに対して、親しみが湧きません。

テレビのインタビュー番組とかを思い出してみてください。必ず、背景に何かありますよね。

プロの現場では、インタビューのときには、必ず背景に何かを置きます。

よく使われるのは「グリーン」。

いわゆる「観葉植物」です。

これがあるのと無いのでは、「生き生き感」が、全然違うんですよね〜。

もし、あなたのお部屋に観葉植物があるのなら、ぜひ、自撮りのときに、登場させてみてくださいね。

「生活臭」はシャットアウトして、「生活感」を、「演出」しましょう!!!

具体的に、どう演出したらよいのかというお話は、グループコンサル「本気で動画研究会」で、お伝えしますよ。

グループコンサルティング「本気で動画研究会」

ではでは、また!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
sato_anna@personalitv.com