PersonaliTV®︎

個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援する

[メルマガ] 動画の長さ、短ければ短いほどいい?

59 views
約6分
[メルマガ] 動画の長さ、短ければ短いほどいい?

こんばんは!
個人事業主/起業家の皆さんを動画で応援するPersonaliTV、
映像ディレクターの佐藤安南です。

佐藤安南新プロフィール写真_緑のツタで覆われた壁を背景にビデオカメラを抱えて微笑む佐藤安南

先週は、火曜・金曜とも、
メルマガをお休みしてしまいました。

明日、配信予定だった
「LIVE with CREATORS」も
来月下旬(2/24)に
延期させてもらうことにしましたm(_ _)m

実は、
この2週間ほど、
「瘴気」にやられておりまして(苦笑)

いや、真面目な話、
「瘴気」としか言いようがないほど
精神的・肉体的に
ダメージを受けることがありまして。

あ、仕事のことでも、
家庭のことでも無くて、

まあボランティアのような
活動の中でのことなんですが(>_<)

とにかく、
こんなにダメージを受けるとは
思っていなかったんです…

zoomのセッションなどは
お相手の方から元気をいただけるので
何とかこなせるのですが、

昨日から
ようやく少し動けるように
なってきたところです。

こういう「瘴気」を払う
よい方法をご存じでしたら、
ぜひ、教えてくださーい!!!

さてさて、

今日のお題に、まいりましょう。

【動画の長さ、短ければ短いほどいい?】です。

これはもう、
動画を自分で作りたいと
ご相談を受けるときに、
必ずといっていいほど
いただくご質問です。

「動画は、何分くらいが最適なんですか?」

「やっぱり、短ければ短いほどいいんですか?」

特に、
これからYouTubeで
ご自身の動画を投稿していこうと
お考えの方に
多いお悩みのようですね。

「いったい何分を目安に作ればいいの?」

さあ、何分くらいがいいと思いますか?

答えは…

….

….

「モノによる」です(爆)

ちょっとちょっと、そんなんじゃ、
答えになってないじゃん!!(怒)

はい、スミマセンm(_ _)m

でも、真剣にお答えしようとすると、
こういう答えにしかならないんですよね。

「モノによる」。

あ、最近のトレンドというのは、
もちろんあります。

まず、YouTube動画は、
以前は「短ければ短いほどイイ」と
言われていた時期も
ありましたが…

今は、違います。

数年前までは
単純に動画をクリックした
「視聴回数」が重要視されていましたが、

ここ1,2年は、
視聴者がどれだけ長く
その動画を見ているかという
「視聴時間」のほうが
重要視されるようになっています。

ですので、
いくら視聴回数が多くても、
たった2,3秒で離脱するような動画は
「ダメ動画」と見なされちゃうんですね。

それよりは、5分、10分と、
じっくり長く見られている動画を
多く出して入るチャンネルのほうが
YouTube側に評価されるように
なっているんです。

また、チャンネル登録者数の数よりも
どれだけ「熱い」ファンがいるかということも
大切な要素になってきているんですね。

ですので、YouTubeに限って言えば、
最近の傾向としては、
5分~10分くらいの動画を
しっかりじっくり見せるというのが
主流になってきています。

これはまた、
コロナ流行の影響で、
多くの人が、長い動画でも
見てくれるようになったということも
影響しています。

家の中で過ごす時間が多くなり、
それまでネット動画に縁の無かった人々が
動画を見るようになったからです。

一方で、
「動画広告」も増えていますよね。

本格的にプロに依頼して
ハイクオリティのPR動画を
依頼する方も増えています。

ネットだけでなくて、
お店や公共の場所等で
「デジタル広告」として
流されるモノもありますよね。

こういう「広告動画」は、
不特定多数の人に向けて
繰り返し何度も流して
興味を引くためのモノですから、

15秒~30秒で、
できるだけ短く作るように
求められます。

一方、
対談などのライブ配信では、
30分~1時間など、
それなりの長さが必要ですよね。

ライブ配信では
自分が話しているのと
実際に配信される動画には
どうしても15秒くらいの
タイムラグが生じます。

ですから、
視聴者のリアクションやコメントに
こちらが対応する時間なども含めると、
30秒でライブを終わる…なんてことは
とうてい、ムリですよね。

ライブ配信をするなら、
まあ、最低でも10分以上はかかります。
大抵の方は、30分~1時間くらい
ライブ配信をしているのではないでしょうか。

「おしゃべり魔女の深夜放送」なんて
2時間ぶっ通しで
しゃべりまくってますからね(笑)

というわけで…

「動画の長さ、短ければ短いほどいい!」

こんな風に言われていたのは、
もう過去の話。

媒体と、
視聴者と、
内容によって、
変わってくるんです。

特にYouTubeの場合は
「10分前後」というのが、
最近のトレンドです。

でもね、
10分ダラダラしゃべるだけでは、
すぐに、離脱されちゃいます。

また、30秒と短い動画でも、
内容がつまらなければ、
かえって、不信感を招くだけです。

短くても長くても、
動画で一番大事なのは、
「構成」です。

ちゃんと最後まで見てもらえるか、
その鍵はすべて
「構成がしっかりしているか」に
かかっています。

どのくらいの長さにしようかと
考える前に、

まずは、
「どんな構成にしようか」と
思いをめぐらせてくださいね。

「その構成の作り方が分からないんだよね…」

そうお悩みなら、
ぜひ、私と一緒に考えましょう。
2/12(金)までのお申し込みなら、半額ですよ~。
https://55auto.biz/personalitv/touroku/entryform11.htm

ではでは、また!
古書の本棚の前でパソコンを開いて動画編集をしながら本を読み微笑む佐藤安南

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
sato_anna@personalitv.com