フォーマルウェアで並ぶ男女皆さまこんにちは!

個人事業主を動画で応援するPersonaliTV®、映像ディレクターの佐藤安南です。

 

このところ連日、講座やパーソナルセッションが続いています。

先週末の日曜日は、「ライブ動画完全マスター講座第1期」の講座。

この日は、講座のハイライトともいえる、PCソフトを使った、本格的なライブ配信の方法をお伝えしましたよ。

その場でテロップを入れたり、BGMを自由に入れ替えたり、動画を流しながら自分の顔を小窓で出したり…

まるでテレビの生放送のような配信に、受講生の皆さんから「おーっ!」という感嘆の声があがりました。

こういう本格的なライブ動画配信が、なんと、タダでできるのですから、本当に、いい時代になりましたよね〜。

ほとんど加工無しのライブ配信で、すでにドンドン成果を上げている受講生の皆さんですから、きっと、PCソフトを使ったライブ動画で、もっともっと、素晴らしい結果を出してくださるはず。

今から、楽しみです^^

さてさて、今日のお題は【動画にも「TPO」があります!】です。

TPO…

つまり、時と場所と場合に応じて、服装や振る舞いなどを使い分けること、ですよね。

(これって、和製英語なんですってね…知らなかった…)

 

皆さんも、お家でくつろいでいるとき、クライアントさんと個別にセッションするとき、一流ホテルでのパーティのときなど、それぞれ、服装を変えていると思います。

・リラックスウェア

・カジュアルなおしゃれ着

・フォーマルウェア

こんな感じですよね。

そして、話し方や立ち振る舞いも、やはり、その場や話す相手によって、少しずつ、違っていると思います。

家族や仲の良い友人なら、普段着で気さくに話したほうが、より、仲が深まりますよね。

個別セッションのときは、やはり外で会う訳ですから、トレーナーにサンダルという訳にはいきません。

でも、一対一で親身に相談にのるときに、あまり堅苦しくなりすぎても、よくないですよね。

そして、華やかなパーティのときは、やはりドレスコードがありますから、しっかりとオシャレして行くのが礼儀です。

つまり、その場で一緒にいる相手に、どういう印象を与えるべきかということで服装や振る舞いが決まってくるということ。

これって、動画にも同じことが言えるんです。

つまり、どういう媒体で、どんな視聴者を対象に、どんな内容で見せる動画なのか。

それによって、作り方や話し方も、まったく変わってくるということです。

例えば…

毎日、自分のコアなファンに向けて、ビデオブログのように配信する動画なら、より親しみを持ってもらえるように、普段着で、リラックスした話し方がベストですね。

でも、不特定多数の方が見る動画や、ウェビナーのような場合は、もう少し、改まったほうが印象もアップします。

そして、公式ホームページのトップなどで事業内容を伝えるPR動画であれば、やはり、しっかりと作り込んだブランデッドムービーのような作りがふさわしいでしょう。

もちろん、皆さんが活用したい動画は、お客さんに、より親しみを持ってもらうという目的があるはずですから、フォーマルウェアを着こむ必要はありません。

動画でいう「カジュアル」「フォーマル」の違いとは、

・ライブ配信か、編集動画か

・思いつくままに話すか、しっかり原稿を用意するか

・場所を選ばないか、しっかり作り込むか

こういう感じになりますね。

ときどき、ご自身のHPのトップに、テロップも何もなく、ただダラダラと思いつきで話をしただけの動画をそのままアップしている方がいらっしゃいますが…

これは、プロの私から見たら、やはり「TPO」をわきまえない動画だと言わざるを得ません。

もちろん、お客さんは、皆さんの「生の姿」を知りたいと思うから動画を見ようと思っている訳ですが…

それでも、初めて出会う相手が、ボサボサの寝起き姿(のように見える状態)で、なんのオシャレもせずに現れたら、「本当に私、この人に喜んで迎え入れてもらえるの?」と不安になってしまいますよね。

やはり、

 

・ちゃんと登場する方の名前がテロップで入っていて

・きちんと話の内容が整理され、

・ブランドのロゴや、イメージするイラストなどがキレイにレイアウトされている動画

 

こういうほうが、第一印象も、グッとアップするはずです。

一方、すでに、その方のことをよく知っていて、これからもっと仲良くなりたいなら、自宅からのライブ配信がオススメ。

でも、いくら登場する方に好意を持っていても、顔色が悪いまま、こちらの目も見ず、ボソボソと話をされたのでは、「いったいどうしたの?」と見ている人は、心配になってしまいますよね。

そうなんです。

カジュアルなライブ配信でも、フォーマルな編集動画でも、押さえるべき「ツボ」があります。

それぞれの「ツボ」をしっかり押さえて、TPOに合った=見てくれるお客さんが心地よくなるような、動画活用をしたいですね!

 

この「ライブ配信」と「編集動画」のツボは、12月のセミナーでお伝えします。

11/9(金)21:00から、メルマガ読者様に先行してお知らせしますので、ぜひメルマガをご覧くださいね。

 

ではでは、また!