皆さまこんにちは!

個人事業主/起業家の皆さんを動画で応援するPersonaliTV®、映像ディレクターの佐藤安南です。

 

今日は、私の起業の師である、コンサルタントの小山弘樹さんのプロモーション動画撮影に参加しました。

小山弘樹さんのPR動画撮影にお邪魔しました

 

私のほかにも、小山さんの教えを受けた素敵なお仲間、恋愛&キャリアナビゲーターの小林文子さんが参加なさり、撮影会場は、とても華やかな雰囲気に包まれていました!

20181112小林文子さんと小山弘樹さんと佐藤安南の3ショット

 

そして、待ち時間の間に、私はちゃっかりと、ライブ動画で小山さんにインタビューを敢行。

そちらが、この動画です。

小山さんは、ビジネスのプロモーションだけでなく、メルマガやブログ、そしてコンサルの指導ツールとしても、動画を積極的に活用なさり、飛躍的にビジネスを拡大なさっています。

まさに、動画活用のお手本というような存在ですね。

小山さんのコンサルを受けたいと思われる方は、ぜひこちらにご登録を。

 

さて、この小山さんの動画活用の秘訣について、私が改めて感心し、気づいたことがあります。

それは…

「ON」と「OFF」が、ハッキリしているということ。

 

写真や動画でご覧になってもお分かりの通り、小山さんは、いつお会いしても、とてもダンディでオシャレです。

プロモーション動画の中の小山さんも、実際にお目にかかるときと同じように、素敵なたたずまいです。

一方、メルマガやFB、ブログなどでちょこちょこっとライブ配信されるときの小山さんや、個別コンサルのzoomなどで拝見する小山さんは、おしゃれではありますが(笑)、もっとリラックスして、カジュアルな雰囲気です。

 

つまり、「ON=フォーマル」と「OFF=カジュアル」の使い分けが、とても明確なのです。

 

「ON」のフォーマルな動画では、ビシッと装いを整え、動画自体も、しっかり作り込まれたもの。

たとえば、私が数年前にお手伝いしたDVDのダイジェストが、こちらです。

 

いっぽう、クライアントに対する「OFF」の動画では、より親近感を持たせる雰囲気に満ちています。

また、「OFF」の動画撮影では、パパッと思いついたときに撮り、サクッとアップしていらっしゃるとのこと。

この機動性も、ご本人の「OFF」の日常に触れられるという魅力を高める要素の1つですね。

 

でも、この「ON」と「OFF」の使い分け、簡単にできるようでいて、実はなかなか難しいのです。

 

小山さんがそれをできる理由の1つは、フォーマルで「ON」な動画作りの際、「プロに頼める資金力」があるということ。

残念ながら、この「資金力」って、誰でもそう持てるものではありませんよね(苦笑)。

 

でも、「資金力」がなくても、大丈夫。

だれでもちゃんと「ON」の動画を作り、きちんと「ON」「OFF」の使い分けをできるようになります。

 

それは、動画作りの基本セオリーを、しっかり理解する、ということ。

 

小山さんも、何度もトライ&エラーを繰り返しながら、この「動画作りの基本セオリー」を、コツコツと身につけてこられました(私のセミナーにご参加くださったこともあります)。

動画の基本セオリーを理解しているからこそ、躊躇せずにどんどんライブ配信をできるし、思い切って資金を投入して、ガッチリと動画を作る決断もできるのですね。

 

あなたも、自由自在に「ON」「OFF」を使い分けて、ファンをもっともっと増やせるように、「動画の基本セオリー」を、学んでみませんか。

 

ではでは、また!