ああ~、
またやってしまいましたよ、
「ほぼ徹」….(>_<)

ほぼ徹=ほぼ徹夜。
今日が締切の編集がありましたので…

とーっても思い入れのある
撮影内容で、
編集も、とっても
楽しいんですが…

思い入れがあり過ぎて、
1/30秒単位でとか
1/60秒単位でとか
編集が、気になっちゃうんです。

そのせいで、
1つの撮影素材を編集するのに
何時間もかかってしまい(>_<)

こういうときは、
一人で悩まないように、
必ず、誰か他の人に
観てもらうといいんですよね。

今回は、
仲間の構成作家さんが
ナレーション原稿を書いてくれるので、
彼女に、途中経過を観てもらいました。
(こういうのを「試写」っていいます)

その「試写」の日が
今日だったんですよね。

「ほぼ徹」の甲斐あって、
何とか方向性が定まりました!

さあ、まだまだ、
残りの編集も頑張らねば…

今日のお題にまいりましょう。

自撮りに白壁はNG!調査で分かった最も信頼される背景とは?】です。

ライブ配信やzoomなどのオンライン通話、
そして自撮り動画などなど…

「背景をどうするか」というのは、
多くの人が、悩んでいますよね。

そういう意味で、
zoomが「バーチャル背景」を
無料会員でも使えるようにしてくれたのは、
もう、革命的と言ってもいいくらいの
福音でしたよ!

だって、
どれだけ散らかっていても、
すべてを簡単に、
覆い隠してくれますからね(^^)

ですが…

次に出てくる問題が、
「どんな背景を選べばいいのか?」
ということ。

あ、もちろん、
バーチャル背景でなくても
構わないんですけど…

特に、
私のような
個人事業主にとっては、

オンラインでの背景は
いわば「バーチャルの仕事部屋」を
相手に伝えるようなモノ。

できれば、
親しみやすくて、知的で、
プロとして仕事ができると思われて、
信頼してもらえるような
背景がいいですよね~。

まあ、そういうことを、
これまでメルマガやセミナーで
経験をふまえて
お伝えしてきたのですが、

何と!

アメリカのとある企業が、
「オンラインの背景」について、
大規模調査をしてくれちゃいましたよ。
https://www.signs.com/zoom-backgrounds/

あ、日本語で紹介している記事もありますよ。
https://getnavi.jp/world/551751/#

この調査では、
女性と男性、各1人のモデルが
同じポーズをとった写真を用意。

そして、背景だけを、

1)窓から自然光がさす背景

2)アートを飾った背景

3)植物のある背景

4)キャンドルのあるやや暗めの背景

5)本棚の背景

6)模様のない白い壁の背景

それぞれ、上記の6パターンに変えました。

そして、
それぞれの背景で、

・プロフェッショナル性

・信頼感

・親密さ

・知性

この4項目について、
どう感じたかを
1,500人以上の人に
評価してもらったそうなんですね。

その結果…

やはり、
私がいつもお伝えしているように、

「6)白い壁」は、
すべての項目で
スコアが一番低かったんです。

そうですよねえ、
「無地」っていうのは
「無個性」に繋がりますからねえ。
何やってる人なのか、
画面から、分かりませんもの。

反対に…

「プロフェッショナル性」が
一番高かったのは、
「5)本棚」でした。

ほほー。

コンサル・コーチの人が
本棚を背景にしているのは
プロとしてちゃんと見られるという意味で
よいチョイスなのですね!

しかし…

この「本棚」は、
親密性のスコアが
他の背景よりも
低くなってしまうそうなんです。

つまり、本だらけだと
近寄りがたく見えてしまう…ということ。
うーん、チョッピリ残念!

では、

・知性
・親密性
・信頼性

それぞれのスコアが最も高く、

・プロフェッショナル性

このスコアが、
本棚の次に高かったのは
どの背景でしょう???

答えは…

「3)植物のある背景」でした!

なるほど~!!!

確かに、お部屋(背景)に
植物が飾られていると、
画面が生き生きして見えますし、

「植物」=良い気の流れを作る、
そういう風に考えると
親密さや信頼性が高まるのも
なるほどと、うなずけますね。

しかし、
植物のある背景が
プロフェッショナル性の印象まで
高めてくれるとは…

どういう理由があるのか
もっと心理学的な
分析がほしいところですが…

ともあれ、
お客様に信頼され、
親しみを持ってもらい、

知性があって、
プロとしてしっかり仕事もする人だと
思ってもらえるためには、

背景に植物を置いてみる!

これが、
一番確実だと言えそうですね。

ただし!!!

ただ、単に、
植物を置けばいいってもんじゃ
ありません。

置く位置のバランスが悪かったり…

欲張り過ぎてジャングルみたいになったり…

フェイクと分かるような
安っぽいグリーンだったり…

全体の構図や
「本物感」を考えておかないと、
「雑な人」と思われて、
かえって、逆効果ですよ!!!

「見た目」を整えるには、
やはり、第3者の目で
客観的に判断してもらうのが
一番です。

あなたにとって
最適の「自撮り」背景、
自信を持って、
選べるように、しませんか?
https://personalitv.com/consulting/livemaster/

ではでは、また!!