PersonaliTV® 個人事業主・起業家を応援する動画制作支援サービス

必要なのはスマホ1つと、ちょっとした簡単テクニックだけ!

プロのような動画撮影で、印象も売上げもアップ!

プロが教える、「スマホで魅せる」動画撮影実践セミナー

 

スマホを持って撮影している女性の正面写真


高価なビデオカメラを使わなくても、スマホ1つで、プロも顔負けの動画が撮影できます!

 

絞り

焦点

被写界深度…

 

そんな撮影の専門用語は、知らなくても大丈夫!

 

「動画活用をさらに一歩進めたい」

「初心者から脱して動画をもっと魅力的にしたい」

そんなあなたにお伝えしたい、スマホで行う動画撮影の簡単テクニック。

 

写真を並べるだけの動画から卒業したいというあなた、動画でもっと集客したいというあなた、いきいきと臨場感溢れる撮影をして、もっとお客さんの心に響く「魅せる」動画を撮影したいというあなたにオススメの、実践セミナーです。

 

スマホ1つで、誰でも簡単に動画が撮れる素晴らしさ。でも…

スマホを上に掲げて自撮りする欧米人男性の写真

今から20年以上前なら、動画撮影は、ビデオカメラがないとできませんでした。

一般ユーザー用でも10万円前後、ハイスペックのものなら30万円近くするビデオカメラは、一部のマニア向けか、家族の思い出を残しておきたいというファミリー層向けのものでしかありませんでした。


その動画撮影に革命をもたらしたのが、iPhoneを始めとするスマートフォンです。

 

ボタンを押せばすぐに撮影できて、簡単に投稿できる手軽さから、動画撮影は、小学生からお年寄りまで、一気に広まりました。

そしてもちろん、ビジネスシーンでも、動画がどんどん使われるようになっています。

 

今や、YouTubeやFacebook、そしてTwitterやInstagramなど、ありとあらゆるSNSに動画が氾濫しています。

若い世代には「TikTok」などの動画投稿サイトも人気ですね。

誰もが動画を撮影し、自己表現の手段として、そしてビジネス拡大のツールとして、気軽に使える素晴らしい時代となりました。

 

しかしその反面、「手軽に撮影」できてしまうために、ビジネスにはふさわしくない「残念な撮影動画」も、爆発的に増えてしまったのです…。

 

その撮影方法で、あなたの動画は、本当に大丈夫ですか?

・画面がブルブルゆらゆら震えている動画

・なぜかずっと画面が傾いたまま、延々と同じ場面を撮り続けている動画

・自分の顔が画面からはみ出し、中途半端に風景が写っている動画

・どこを見せたいのか分からない、遠くから雑踏だけを写した動画

・歩きながら撮影していて、画面がガクガク揺れ、見ると酔ってしまう動画

・カメラ目線にならず、微妙にどこか別のところを見ている動画

・顔色がとても悪く見える動画

・商品を紹介したいのに、商品にピントが合っていない動画

・インタビューしたお客様が極度に緊張してしまっている動画

・周りの音やBGMがうるさすぎて、声が全然聞こえない動画

・極度の「上目遣い」・「見下ろした目線」の動画

・あごがものすごく太くなって偉そうに見える動画

・なぜか頭の上の空間が、やたらと広く空いてしまっている動画

・インタビューしたお客様に対して、何度も一緒に相づちを打ってしまっている動画

・遠いところから撮影していて、商品の詳しい魅力がまったく伝わってこない動画

・手順の紹介をしているのに、肝心の手順がまったく画面に写っていない動画

・ぐるぐると1周して、意味なく風景を360度写している動画

・動きが速すぎて見づらい動画

・いつも正面ばかりから撮っている動画

・何だか締まりのない、オシャレに見えない動画

・止まっているときはいいのに、動き出すととたんに残念になる動画

 

…あなたにも、心当たりがありませんか?

 

なぜ、こういう「残念な撮影動画」が増えてしまうのでしょう?

それは、多くの人が、「動画撮影のコツ」に馴染みがないからです。

 

写真撮影と、動画撮影には、決定的な違いがある!

スマホの上に一眼レフカメラを載せて手のひらに置いている写真

私はこれまで、セミナーやコンサル、大学の授業やカルチャーセンターの講座などで、数多くの方々に、動画制作のノウハウをお教えしてきました。

最近は、ライブ配信や、スマホでできる簡単な編集方法などを精力的にお伝えしています。

そして、この数年間で私が痛感したのは、「個人事業主にとって、動画の基本は撮影から!」ということです。

また、「動画と写真の違いが理解されていない!」ということにも、ずっと歯がゆい思いをしてきました。

写真をお好きな方は本当にたくさんいます。

また、やはり写真撮影の経験のある方は、動画撮影も上手いという傾向があります。

 

しかし、「動き」を撮影すると、とたんに、多くの方が、ガクガク揺れる動画を撮ったり、撮っておくべき対象を逃したり、必要な場面を撮れていなかったりという、「残念な動画」を撮るようになってしまうのです。

 

写真が、一瞬を切り取るのに対し、動画は「時間の流れ」を記録し、「動き」で情景を表現します。

動画には、写真とは違う、動画ならではの表現方法、つまり「撮影のコツ」があるのです。

このコツがあまり理解されていないため、「自分が見たように撮ればOK」と勘違いしてしまった「残念な動画」が増えてしまっているのが、現状なのです…。

 

「動画ならではのちょっとしたコツ」を知れば、あなたの撮影はもっともっと魅力的になる!

スマホで料理を撮影する女性の写真

 

「残念な撮影動画」が増えてしまうのは、多くの方が、「動画撮影のちょっとしたコツ」を知らないからです。

「写真と動画は違う」ということも、まだじゅうぶんに理解されているとは言えません。

 

無理も無いことだと思います。

動画を撮影するという技術が確立されてから、130年も経っていないのですから。

 

もちろん、写真の技術もそんなに歴史は古くありませんが、「絵を描く」ということで、人々は有史以前から、感動した瞬間を記録するという営みを繰り返してきました。

ですから、「構図の作り方」や「印象的な場面」の切り取り方は、絵から写真へと受け継がれています。

また、学校教育で、図工や美術は教わりますから、おのずと写真についても、基本的な表現方法は多くの人が学んでいることになります。

 

しかし、動画撮影は違います。

時間の流れをそのまま記録して再生する、カメラの動きで状況を説明するという技術は、技術の進歩によって可能になった、ある意味、人類にとってまったく新しい表現方法なのです。

もちろん、学校でも、動画撮影の表現は教えてくれません(大学は別ですが…)。

 

でも、安心してください。

いくら新しい表現方法とはいえ、130年近くの歴史を積み重ね、生き残ってきたのが動画撮影という表現方法。

多くの人に理解され、納得されてきたから、動画撮影がここまで広がってきたとも言えるのです。

 

あなたの撮影した動画が「どうにもイケてない」と感じる理由は…

 

「動画撮影のちょっとしたコツ」を学ぶ機会がなかったから!

 

それだけです。

 

もちろん写真と同様に、「焦点距離」だの「絞り」だの「被写界深度」だの、カメラの機能そのものについて、知識を深めようと思えば、いくらでも追求することができます。もちろん、クオリティを上げようとするなら、そうした知識はとても大切です。

ですが、動画撮影の根本は、そういう細かな「機械的技術」とは、全然関係ありません。

あなたが受けた感動を多くの人に伝えたい、お客さまに分かりやすく情報を届けたい、面白いストーリーを見てもらいたい、そういう気持ちが何よりも大事なのです。

それに、今は何より「スマホ時代」。

スマホのビデオカメラ機能は、10年前の民生用ビデオカメラ以上に高機能・高画質です。

小難しい技術は、スマホやアプリが、じゅうぶんにカバーしてくれます。

【簡単テクで印象アップ!プロが教える「スマホで魅せる」動画撮影実践セミナー】では、

動画撮影の「ちょっとした」「でもとても大事な」コツをお伝えし、スマホ1つでプロ並みに撮影ができるようになるテクニックを、実践を交えてお教えします。

 

「動画撮影のテクニック」を身につけたお客様は、素晴らしい成果をあげています!

これまでに、PersonaliTV®のセミナ−・コンサルで動画撮影を学んだ方々の事例を、一部ご紹介しましょう。

 

100万円売上げアップ!10万回〜20万回再生の動画も!

 

※作成:Masami Shirai様

動画を活用して100万円売り上げアップしました!

次はゼロをもうひとつ増やすのが目標です(笑)

「なるほど、こういう構成にすると人の心にすっと入って来る動画になるのか!」という発見の連続でした。

見よう見まねで感覚だけでやっていたところに、理論的な基礎固めを約1年かけてしていただいた気がします。

撮りたいテーマを決めたらすべてをそこに集約させる。

ムダなものは入れない。

筋が1本ビシッと通った動画を作れるようになりました。

おかげですごいたくさんの動画がテレビ放映され、10万回〜20万回再生の動画もいくつか出てきました。

やはり独学だけでは限界があったので、プロに直接教えていただけて、本当によかったです。

YouTubeチャンネル「1minute Traveller」

Masami Shirai 様

※Shiraiさんの撮影・編集・投稿した動画は、NHK・フジテレビなどテレビ局で何度も取り上げられています。

 

海外メーカーとのコラボ動画の依頼をいただきました!

 

※作成:山本芙沙子 様

PCに苦手意識のあるまったくの素人でも、基本的な編集ができるように、わかりやすく丁寧に教えてくださいます。

編集ソフトの操作やカット割りの考え方はもちろん、撮影に関することも含め、私の表現したい世界観や動画の目的をすべて理解した上で、的確なアドバイスをしてくださり、いつも驚いています。

妊娠出産という、表現活動が難しい期間も、動画を通じて自分のパフォーマンスを発信し続けることができ、某海外メーカーとのコラボレーション動画の依頼もいただきました。

踊りの中でお花をいけあげるダンスパフォーマンス 花舞師

山本芙沙子 様

 

お陰様で会場満席のイベントとなりました

※作成:細川一滴様

笑顔で話されるアドバイスが的確過ぎて驚愕しました。

一度自分なりに撮って見て頂いたところ、撮影環境からリハーサルの量、組み立ての深さまでズバリ言い当てられました。

映像制作の具体的アドバイスはその方のレベルに合わせて、出来るところから伝えてくれます。

さらに映像制作を通して、メッセージの本質を深く掘り下げてくれます。

「何を伝えたいのか」を大切にしてくれるのです。

そしてそれを表現するアイデアの豊富なこと!

こうして作った映像はクオリティが高く、伝える情報の信頼性の向上につながります。

実際、映像を見た方々から「かっこいい」「すごいね、よく出来てるね!」「すごいカット割で丁寧なつくり。プロに撮ってもらったの?」と感想を頂いています。

今回、イベントプロモーションは、複数の媒体を使って情報を伝達することを意図しました。

その一つとして使った映像はクオリティの高さ、信頼性の向上、安心感の醸成に役立ったと思います。

お陰様で会場満席のイベントとなりました。ありがとうございました!

カウンセリングルーム a Compass 代表

細川一滴 様

 

働く時間を増やすことなく、売り上げもアップさせていけそうです

 

毎回、本当に丁寧に教えていただき、回を増すごとにできることが着実に増えていきました。

さすがプロのTVディレクターさんなので、単に撮影方法を教えてくれるのではなく、目線の高さや表情の作り方、話し方、ライトの入れ方など、わかりやすく見やすい、魅力的な動画にする方法を惜しみなく楽しく!教えてくださいました。

 

やっていく中で、私が一番自分らしく撮れる方法も見つかりました。

その方法だと若干の編集は必要なのですが、iPhoneのiMovieでできてしまうので、一気にハードルが下がりました!

早速その方法で動画を撮り、講座の挨拶動画として使うことができ大好評でした。

実は、急に大掛かりに大量の動画講座を準備することになったのですが、自分でカンタンに作れる方法をマスターしていたので、スムーズにとりかかれています。

この講座を受けていなかったら、どうしようと呆然としていたと思います。

これで、また働く時間を増やすことなく、お客様にも貢献しつつ、売り上げもアップさせていけそうです。

本当に安南さんに感謝です。

熊谷美雪さまの写真

 

 

ビジネスステージアップコンサルタント

熊谷 美雪  様

 

自分自身の可能性が広がり、多くの方に喜んでいただいてます

 

私は動画を使ったオンラインセミナーを以前からしていました。

いつもプロに撮影してもらっていたので、まさか自分で撮るなんて思ってもみなかったのですが、安南さんの講座を受講してからは動画を撮るって楽しい!って新しい発見の連続でした。

 

中でもお顔がキレイに見えるためにライトが必要なことやカメラと目の高さを合わせることなど(もっと沢山ありますが)今まで全く気が付かなかったことばかりでした。

撮った動画を見ると以前とは全く違う自分が映っていたので驚きの連続でした。

 

自分で動画が撮れると、思い立ったらすぐに動画を撮ってお客様にお知らせすることができます。

これも私にはぴったりでした。

動画の反応はとても良く、みなさん動画だとちゃんと見てくれているんだなあ。とうれしいことが沢山ありました。

お客様からの反応で多かったのは「動画見てます」「いつも楽しみにしています」とお声をかけてもらうことが多くなったことですね。

楽しみにしてくれているのだなあ。とこちらまでうれしくなります。

 

受講して大きな変化は2つありました。

 

1つは新しいオンラインサロンをスタートしたこと。

私は仕事柄、各地のパワースポットに行くことが多いのですが、お客様の中には諸事情で参加できない人も多いので「動画を見せてほしい」とリクエストをいただくようになりました。

そこで新しくオンラインサロンをスタートしました。

 

2つめは、以前から動画活用のコンサルティングをしていたのですが、今度は動画研究会を作りみんなで実際に動画を撮ってYouTubeにUPする練習会をスタートしました。

研究会のお仲間の一人の実例ですが、動画をスタートしたら彼女のネットショップでの商品が1日で完売するようになったりしました。

 

動画で伝えた方が言いたいことが伝わるし、みなさん喜んでくれます。

安南さんの講座を受講して自分自身の可能性が広がり、動画を提供することで多くの方に喜んでいただいてます。

受講して本当に良かったです。

動画は思っているよりも簡単ですし、安南さんが丁寧に指導してくれますから、お仕事の方向性や集客で悩んでいる人は一日も早く始めることをおすすめいたします。

遠藤真里佳さま写真

 

 

一般社団法人夢が叶う研究所

遠藤 真里佳 様

 

————————-

その他にも、

・限定公開で配信した動画が1週間も経たずに300回以上再生、講座も満席に!

・就職活動のエントリーシートで動画を提出、希望の会社に内定をもらえた!

・教室への問い合わせが急増した!

・学生たちが撮影・編集した動画で、大学への入学希望者が増えた!

 

などなど、皆さん素晴らしい成果を上げていらっしゃいます。

どの方も「自分の伝えたいことにふさわしい動画の撮影テク」を身につけたことで、動画のクオリティが大きくアップし、自然に「売れる動画」を、着実に作れるようになったのです。

 

 

私自身も、iPhoneで撮影取材をしています

三脚に立てたスマホでビル街を撮影

 

私は、現在もテレビ番組の取材制作に携わる、現役の映像ディレクターです。

そして、自らカメラを抱えて撮影することも、よくあります。

一応プロとして、セミナー撮影など、長時間の撮影を要求されるときなどは、業務用の小型ビデオカメラを使います

しかし、5年前ほどから、iPhoneの機動性に着目し、撮影取材の多くをiPhoneだけで行うようになりました。

ここで直接ご覧いただけないのが残念なのですが、iPhoneで撮影した動画は、すでに何本もテレビ番組の中で放送されています。

 

正直に告白しますと…私は、映像のプロではありますが、「プロのビデオカメラマン」ではありません。

ですから、大型の本格的な業務用ビデオカメラは、使いこなせません。

 

しかし、あるとき、番組の編集を担当する方から、このようなことを言われたのです。

 

「いくら画面がキレイでも、内容を分かっていない撮影素材は使えない」

「少しくらい映像が粗くても、内容を理解しているディレクターさんの撮影素材のほうがずっといい」

「プロだからといって、いい撮影ができるわけじゃない」

 

まさに、目からウロコでした。

それ以来、私は自分の撮影に(以前よりは少し)自信を持てるようになり、「根本的な撮影技術とは何か」を、強く意識するようになりました。

 

いかにキレイに撮るか…もちろん、これはこれで大事なことです。

しかし、そもそも、なぜキレイに撮らなければいけないのでしょうか?

伝えたいことを、より見る人に伝わりやすくするため、分かりやすくするために、撮影技術があるのです。

単に、画質のキレイさを競うだけでは、機械マニアの「カメラ小僧」と、何の変わりもありません。

 

誰に対して、何のために、何を伝えたいのか。

ここを明確に意識することなら、誰でもできます。

今や、技術的な問題は、有能なスマホが、ほぼ肩代わりしてくれます。

つまり、撮影にまず必要なのは、カメラ機材に対する細かな知識ではなく、「誰に・なぜ・何を伝えるか」「動画でなくてはならない理由は何か」という、動画に対する姿勢とテクニックなのです。

【簡単テクで印象アップ!プロが教える「スマホで魅せる」動画撮影実践セミナー】を受講すれば、あなたも、お手持ちのスマホだけで、自信を持って撮影ができるようになります。

 

こんな方にお勧めします

・動画で何を撮影したらよいのか、よくわからない

・商品をもっと魅力的に撮りたいが、やり方が分からない

・スマホだけで、もっとプロっぽく撮れる方法を知りたい

・写真のスライドショーから卒業して、編集に使える動画素材を撮りたい

・サロンや教室の雰囲気が生き生きと伝わる動画を撮りたい

・撮るだけでOKになるコツを知りたい

・インタビュー動画のテクニックを身につけたい

・初心者から脱して、ワンランク上の動画が作れるようになりたい

・自撮りの動画をもっと魅力的にしたい

・カメラワークとはどういうものか教えて欲しい

 

このセミナーに参加すると…

机の前でスマホを持って撮影している女性

・写真とは違う動画撮影の「ちょっとしたコツ」が身につきます

・自信をもって撮影した動画をそのままアップできるようになります

・自分の仕事にふさわしい撮影方法が分かります

・編集がグッと楽になります

・撮影が自分でできるので、編集を外注したときに大幅なコストダウンができます

・プロっぽい商品撮影のテクニックが身につきます

・スマホで撮影するときに必要なグッズを知ることができます

・動画の魅力がアップするので「いいね!」が格段に増えます

・動画撮影で「一番大事なこと」が理解できます

 

このセミナーでは、こんな内容をお伝えします

・写真と動画の違いとは?

・細かな知識の前に、人間の心理を知れ!

・「動くなら止まれ、止まるなら動け」

基本的な「構図」を学ぼう!

・「カメラワーク」が分かれば、動画はもっと楽しい

・スマホ動画撮影の特性を知る

・音を忘れるべからず

・撮影実習(1)自撮りの基本テクニック

・撮影実習(2)「他録り」・インタビューの基本テクニック

・撮影実習(3)商品を撮る・物撮りの基本テクニック

・撮影実習(4)場所を撮る・状況紹介の基本テクニック

・風景の撮り方解説

・「編集」「見せ方」を意識することの必要性

*都合により、内容が変更になることがあります。ご了承ください。

 

セミナー概要

簡単テクで印象アップ!
プロが教える「スマホで魅せる」動画撮影実践セミナー

■日時

11/7(木)14:00-17:00

11/10(日)14:00-17:00   ※両日、同じ内容です

 

■会場
東京・渋谷(お申し込みの方にお伝えします)

 

参加費

お得にお申込み

¥16,000  メルマガ読者様特別優待 ¥12,000 (消費税込み)

メルマガ読者優待で申し込みのボタン

★メルマガ読者様には、特別価格でご参加いただける「秘密のパスワード」をお伝えしています。ぜひこの機会に【PersonaliTVメルマガ】へご登録ください。原則として火曜・金曜の夜配信です。

一般お申込み

 ¥16,000 (消費税込み)

 

■動画活用は当たり前の時代。正しい動画の知識が、ビジネス拡大の近道です!

スマホをこちらに向けて撮影しようとする男性

今や、ビジネスで動画を使うのは当たり前。

小学生でさえも、授業で動画を活用し、将来の夢はYouTuberと言う子がドンドン増えている時代です。

 

そして、見る人=お客様の目も、どんどん肥え、厳しくなってきています。

すでに、「ただ動画撮ればいい」という時代は終わっているのです。

 

さらに、時代のスピードはどんどん加速しています。

個人事業主が動画にかけられる労力は、限られています。

 

よりよい動画撮影ができれば、ライブ配信の技術もアップし、編集も今より格段に楽に、効果的に行えるようになります。

 

そして、私は映像・動画のプロ。

だからこそ、時代に左右されない、一生使える「正しい知識」をお伝えできるのです。

 

何をどう撮影したらいいのか分からないと悩んでいる方、

自己流の撮影で行き詰まってしまったという方、

ワンランク上の動画を作って、ビジネスをもっともっと広げたい方。

 

普段使っているスマホで、プロのように分かりやすく見やすい動画が撮れて、

あなたのお仕事を強力にバックアップする、動画撮影のテクニック。

このセミナーに参加して、ライバルに差をつける「魅せる」動画撮影のテクニックを身につけましょう!

 

メルマガ読者優待で申し込みのボタン

 

■講師紹介

佐藤安南プロフィール写真カメラ手持ち

佐藤安南(さとう・あんな)
PersonaliTV®映像ディレクター

大学院で社会心理学を専攻後、映像業界へ。以降25年以上にわたりテレビ業界で活動。
TBS「報道特集」NHK「すくすく子育て」フジテレビ「報道2001」など、主に報道情報番組の制作に携わる。
娘の難病(モヤモヤ病)発覚を機に己の生き方を根本から見つめ直す。
PTAやボランティアでの映像制作を通じて「頑張る個人」を支援する喜びに目覚める。
2013年7月14日、「プロの技術で個人事業主を応援する」PersonaliTV®を開始。
セミナー、コンサル、大学での映像講座、カルチャーセンターなど、様々な形で動画制作支援を行っている。
趣味は自転車、着物、園芸、読書。
1990年東京大学大学院修了(社会心理学・社会学修士)。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © PersonaliTV®(佐藤安南) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.