PersonaliTV®︎

個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援する

[メルマガ]「やらせ」と「演出」の違いとは?(2)

29 views
約6分

いや〜、一昨日は災難でした!!!!

番組の編集をしていたら、
いきなり、Macのモニターがつかなくなっちゃったんですよね…(T_T)

一瞬、パニックになりかけましたが、
ヨド●シ.comさんのおかげで、
無事に、翌日昼には元通り。

みなさん、いざというときの備え、
大事ですよ〜。
PCやiPhoneのバックアップ、してますか〜?
https://personalitv.com/news/1435/

さてさて、今日のお題は
【「やらせ」と「演出」の違いとは?(2)】です。

先週火曜日のメルマガで、

・私が勤めてた会社が「やらせ」をやったこと

・「やらせ」の会社の人は番組に携われないと言われたこと

ここまで、お伝えしましたよね。

あ、バックナンバーは下記URLからご覧ください(^^)
PC・スマホ用:https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=personalitv&bid=3
ガラケー用 :https://04auto.biz/brd/BNMobi.htm?a=personalitv&b=3

そうなんです。

「やらせ」に手を染めた会社は、瞬く間に、業界全体に知れ渡ります。

で、大抵の場合、

・テレビ局に出入り禁止

・担当者は辞職

・会社自体を解散

…とまあ、こんな感じに、相当の「制裁」を受けます。

ひどいときは、
番組そのものが、打ち切りになることも…

でも、たいていの場合は、
携わった制作会社を切り捨てて、終わりですね…

私のいた会社が行ったという「やらせ」、
その詳しい内容は書けないのですが…

結局、どうなったかというと…

直接関わった人は会社を辞め、

会社は「いったん解散」して、名前を変更。

当分の間、番組&局には出入り禁止。

こんな感じの、処分になりました。

でもね…

単に名前が変わっただけ、ですものね。

そして、直接関わった人も、
別の会社で、復活してるんですよね…

いや〜、この業界、
実は結構、優しいのかも(苦笑)

それはそれとして、
私は「すくすく」の当時のプロデューサーに

「やらせをやった会社の人には仕事を頼めない」
そう言われ、

「番組を続けて欲しいので、会社を辞めてよ💖」
とも言われ(笑)

その通りにしました(爆)

…とまあ、これが、
私が会社を辞めて、
フリーランスになった、直接のきっかけです。

で、ようやく、
ここからが本題。

ブログでも、ちょこっと書いたのですが、
https://personalitv.com/shooting/1428/

私はよく、取材先で、
「こういう場面を、再現してもらえませんか?」と
お願いすることが、あります。

たいていの場合、
皆さん喜んで応じてくださいます。

ただ、ときどき、
「あっ、やらせですね!」と
ニヤニヤして応じる方も…。

そんなとき…

いえ、これはやらせではありません。

演出です。

こう、キッパリと、お答えします。

いろいろな解釈があるようですが、
私が考える「やらせ」とは、
捏造。

つまり、まったくなかったことを、
あたかもあったかのように
でっち上げること。

たとえ事実に基づいた「再現」であっても、
それを「スクープ映像」と言ってしまったら、
やはり、それは「捏造」です。

でも、たとえばドキュメンタリーでも、
街中を歩いてもらうとか、
何度も同じシーンを繰り返し行ってもらうのは
「演出」です。

海外のカメラマンなんて、ものすごーくねちっこく撮影しますよ〜。
あっちから歩いて、こっちに向かえとか…

日本はむしろ、その点は、
あっさりしてますねえ。

「ホンモノっぽく」見せたいという気持ちが、
かえって「やらせ」を生むのかもしれません…

まあ、簡単に言えば、
ゼロから1にしちゃうのが「やらせ」、
1を2や3に見せるのが「演出」。

その人が何をしているか。
そこで、何が行われているか。
伝えたい本質は何か。

より分かりやすく、
より内容が伝わるように、
あらゆる角度から、撮影を繰り返すのです。

そのために、
取材対象者に協力してもらうことは
いくらでも、あります。

あなたのお仕事を紹介する動画でも、
同じことが、言えますよ。

例えば、

新しいセラピーのメニューを紹介したいとき。

まだ、モニターさんの結果が出ていないのに…

「こんな結果が出るはずだから、 そのつもりで、話して!」

こんな風にお客さんにお願いしたら、
「やらせ」ですよね。

また、メニューを一度も体験したことのない人に、
他の人の体験を語ってもらうのも、やはり「やらせ」です。

でも、
実際にそのメニューを体験し、
すでに結果を出している人に、

「メニューを受ける前の、
ダメダメだったときの様子を、
思い出して再現してもらえます?」

これは、「演出」です。

ご本人が納得し、
また、実際にご本人が経験していることを
再現してもらうわけですからね。

ほかにも、

・ライトをあてて美白する

・マイクを使って音をハッキリさせる

・いい服を着てイメージアップする

これだって、
「やらせ」ではなく「演出」ですよ。

要は、
伝えたいことが「ホンモノ」であり、
それをより、分かりやすく、手を加えること。

そこが、大きな違いなんですね。

ですから、まずは、
伝えたい「ホンモノ」をしっかり、見極めましょう。

それをどう演出すればいいかは、
ぜひ、プロの私に、遠慮なくお尋ねください!

ではでは、また!

 

 

(追伸)

「やらせ」ではない、
本当の「演出」のキモを、
ぜひ、学びにきてください!
https://personalitv.com/consulting-non-edit_seminar2/
https://personalitv.com/consulting-smartphone-edit_seminar/

(追伸2)
NHK「すくすく子育て」、
明日24日(土)12:00-と21:00からも放送がありますよ。
ぜひご覧くださいね!
http://www.nhk.or.jp/sukusuku/

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
sato_anna@personalitv.com