PersonaliTV®︎

個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援する

[メルマガ] 「自撮り棒」で、動画の幅を広げましょう!

25 views
約3分

こんにちは!
個人事業主/起業家の皆さんを動画で応援するPersonaliTV、映像ディレクターの佐藤安南です。

皆さんは、「自撮り棒」って、お使いですか。

別名、「セルフィースティック」。

スマホをはさんで、パシャッとやる、アレです。

一時期、ありとあらゆるところで、自撮り棒を使う人がいましたが、最近はちょっと下火になったかな…

最近では、外国からいらした観光客の方々が、渋谷のスクランブル交差点を渡りながら、「自撮り」しているのを見かけるくらいですかね。

周囲に迷惑をかけるから、自撮り棒使用禁止、なんてところもありますからねぇ。

ブームに乗って、買ってはみたものの、1,2回使っただけで、ホコリをかぶってる…なんて人も、多いんじゃないでしょうか。

んー、モッタイナイですよ〜

「自撮り棒」って言われているからって、「自分を撮る」ことに、こだわらなくても、いいんです。

もし、自撮り棒を持っているなら、もっともっと、「他撮り」に使ってほしいんです。

 

たとえば…

あなたが、お料理のアドバイザーだったり、ハンドクラフトを販売している方だったら。

自撮り棒を、調理台やワークデスクの上に垂直に立てて(椅子の背もたれなどに、くくりつけて固定してくださいね)、その下で、調理や製作のプロセスを撮影する。

真上から、作っている過程が見えるので、分かりやすい動画になりますよ。

 

また、たとえば…

庭の木に、とても素敵な小鳥が来た!でも近づいて撮るのは難しい…

こんなときに、自撮り棒をのばして、スマホだけ近づけて、撮影。

 

さらに、たとえば…

狭いスキマで、体が入らないけど、ここから見える風景がいいんだよね…

そういうときも、自撮り棒なら、楽々入ります。

実際、配管工事をしている方が、体を入れられない狭い配管の中に、自撮り棒を入れて撮影している現場を、拝見したことがありますよ。

 

そして、たとえば…

飼っているワンちゃん・ニャンコの目線で、動画を撮りたい!

こういうときは、自撮り棒を手に提げて、スマホをペットの目の位置に合わせて、一緒に歩いて撮影すれば、いいんです。

いかがでしょう?

「自撮り」以外にも、たくさんたくさん、使い道がありますよね。

私が一番オススメするのは、「簡易一脚」として使う方法です。

 

つまり

 

自撮り棒を最長にのばし、スティックの端を地面にたてて、スマホ(カメラ)を安定させるために使うんです。

こうすると、手ぶれのない、キレイな動画が撮影できますよ。

右や左に動かして撮影したいときも、スティックをクルッと回すだけですから、とっても簡単です。

ちょっとした工夫で、撮影のバリエーションが、ぐーんと広がりますよ〜

あ、そうそう。

本来の「自撮り」をするときのコツは…

スティックを、腕だけで持たないこと。

スティックを最大限にのばし、端を体(腰あたり)にしっかりと押しつけて体と、腕全体で支えるのがコツです。

こうすれば、筋力の弱い方でも、手ぶれのない、キレイな動画になりますよ♥

ぜひ、試してみてくださいね〜

ではでは、また!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
sato_anna@personalitv.com