こんにちは!

個人事業主/起業家の皆さんを動画で応援するPersonaliTV、映像ディレクターの佐藤安南です。

さて、今日お伝えしたいのは…

「岩合光昭さん」と「自撮り女子」との共通点、です。

岩合光昭さんは、皆さんもご存知かと思いますが、世界的に有名な、動物写真家です。

アフリカのライオンの親子を撮影した写真で、あの有名な「National Geographic」の表紙を飾り、数々の、感動的な動物写真を発表し続けてこられました。

猫好きの方にとっては、「猫の写真家」として、馴染みが深いかもしれませんね。

その岩合さんが、世界の猫を撮影して回る、「世界ねこ歩き」という番組が、ときどき、NHKで放送されています。

我が家では、夫がかなりの猫好きなので、毎回、必ず録画して見ています(笑)

 

この岩合さんの特集が、NHKの「プロフェッショナル」という番組で組まれました。

そのとき、岩合さんが、どのように、自ら撮った写真を選ぶのかを、取材した映像が流れました。

 

プロの写真家ですから、一つの被写体(被写猫?)に対して、何枚も、同じ位置から撮影するんですね。

もしあなたが、プロフィール写真を撮ってもらったことがあるなら、お分かりですよね。

そして、2枚の同じ猫の写真を見て、岩合さんは「こっちがいいね」と言いました。

その理由とは…

「瞳の中に、光が入っている」とぃうもの。

「こっちの写真では、瞳に光が入っているよね。そうすると、表情が生き生きして見えるんだよね」

 

なるほど〜、
岩合さんも同じなのかあ〜、と、私は思いました。

私も含めた映像業界でも、インタビューのときには、カメラマンや照明の方が、
一生懸命、灯りを調節して、撮影される方の瞳に「光」を入れるように工夫します。

この瞳の光を、キレイに入れられるかどうかが、プロのカメラマンの技術なんですよねぇ。

そしてそれは、

人間だけじゃなくて、猫でも同じなんだなあと、感心したわけです。

その後、ちょっと用事があって、近所のピカソ(ドン・キホーテの系列店です)へ買い物に行ったところ…

「スマホ自撮り用ライト」というのが売られていました。

その売り文句を見て、これまた「へええ〜」と思ったんですねえ。

その売り文句というのが…

「瞳の中に、光のリングを入れよう!!!」

なるほど〜。

つまり、自撮り女子の皆さんも、生き生きした表情を撮るためには、「瞳の中に光が入る」ことが大事だと、分かっているということですよね。

そして、そういうニーズがあるからこそ、「スマホ自撮り用ライト」が売れるんですね。

うーむ、世界的写真家・岩合光昭さんと、「自撮り女子」の皆さんに、こんな共通点があったとは…

「自撮り女子」の底力、恐るべし!!!

 

 

あなたも、これから「自撮り」をするとき、あるいは、カワイイ猫の動画や写真を撮るときは、「瞳に光」が入るように、工夫してみると、よいですよ!

ちなみに、ピカソで見かけた、その自撮り用スマホライト、もちろん、即購入しました(笑)

ではでは、また!