こんばんは!

個人事業主/起業家の皆さまを動画で応援する、
PersonaliTV®映像ディレクターの佐藤 安南です。

さて、

今日のブログで、「年賀状と動画は似ている」と書きました。
http://ameblo.jp/petitnoel2010/entry-11969835755.html

ブログでは「ポジティブ面」ばかり書きましたが、
このメルマガをお読みいただいている、動画に本気のあなたには
、特別に、ネガティブでダークな(笑)側面をお伝えしますね…

フッフッフッ…(無意味な笑い)

それは…

「手抜きをしたら、一発でバレる」こと!!!!

これはコワイ!!!!

だってそうですよね。

お仕事上で、大切にしたい取引先の方に、
コンビニで売っている、ディズニーキャラクターの年賀状を送ったら、
「こりゃー手抜きだ」って、バレちゃいますよね〜。

動画も同じことです。

あ、技術が高いか低いかということとは、ちょっと違いますよ。

つまりですね、

  • 構成を考えていない
  • 原稿を作らずにいきなり思いつきでしゃべっている
  • iMovieなどのテンプレートをそのまま使っている
  • 誰かの作った曲をバクッて使っている

などなどが、「手抜き行為」にあたります。

今は、まだバレないと思いますよ…自分で動画を手がけている人は、それほどいませんから。

ですから、iMovieの「映画予告編」を利用して、
ご自身のプロフィールやセミナーの告知映像を作っても、「わあ〜、スゴイ!」と、誉められるかもしれません。

でも、ちょっと待って下さい。

見た人が誉めているのは、あなたのことじゃなくて、iMovieの効果ですから(爆)

もうそろそろ、見る人も気付き始めているころです。

「あれ、これってどこかで見たことあるけど?」

そう思われたら、アウトです…(>_<)

いま、

あらゆる人が、怒濤のように「動画制作」になだれこんでいるのは、それだけ、動画にインパクトがあるからです。

そのインパクトの方向は、当然、ネガティブな方向にも、働きます。

「他の人が使っていた映像と同じ」と思われてしまったら、
その動画がいかにカッコよいものだったとしても、あなたのイメージは、いっぺんでダウンしてしまいます。

最初は、誰だって初心者です!

ですから、いきなりカッコイイ映像なんて、作れるはずはありません。

でも、きちんと準備して、丁寧にオリジナルで作られた動画は、
技術のあるなしを超えて、ちゃんと伝わります。

見る人は、そういうところも、実はちゃんと見ているんですよ〜。

…というお話もいたしますので、

2月から始まるグループコンサル「本気で動画研究会」、ぜひご参加くださいね♪
https://personalitv.com/honkidedouga/

あ、ブログでも書きましたが、

忙しくて時間が無い、でもクオリティは上げたいという場合は、やっぱり、プロに頼むのが一番ですよ。

ではでは、忙しい年の瀬、体調を崩さぬようにお過ごしくださいね。