梅雨明けしましたね~!!

急にギラギラ真夏太陽、
暑いが苦手な私には
ホント、つらい季節です

給付金がようやく振り込まれたで、
早くクーラーを買い替えねば…
夜寝られないよ~

寝ている間に熱中症にならないよう
気をつけてくださいね。

では、早速、今日お題にまいりましょう。

【プロフィール写真を撮影していて気付いたこと】です

プロフィール写真って、
どうしてますか?

何となく、
普段撮った写真中から
選んでますか?
(コレ、起業したばかりころ私)

何かイベントときに撮った
記念撮影写真を使ってますか?

それとも、
ちゃんとプロに頼んで
撮影してもらってますか?

いろんな考え方がありますからね、
どれが正解とは言えません。

でもやはり、
可能であれば、
プロ力を借りたほうが
「本当に使える」写真が撮れますね。

では、そプロフィール写真、
何年くらい使ってますか?

3年?5年?
もしかすると…10年???

これもね、
立場によって考え方が違いますから、
正解はありません。

でも、これもやはり、
特に個人事業主に関しては、
「できるだけ今自分と同じ状態」で
あるほうが望ましいと
思います。

というわけで、
現在プロフィール写真も、
そろそろ「賞味期限切れ」なで、
録り直しをお願いすることにしました。

プロデュースをお願いしたは、
ディアイメージ代表、工藤亮子さん。

https://dear-image.com/aboutus/

亮子さんには、
前回プロフィール写真でも
お世話になったんですね。

ときプロデュースが
本当に素晴らしかったで、
今回、亮子さんが帰国なさったタイミングで
(現在ロンドンにお住まいなです
撮影をお願いしたというわけです

撮影してくださったは、
こちらも、前回お願いした、
大城士武さん。

https://www.art8.tokyo/artist

前回撮影はオールロケだったんです
(何と母校大学に忍び込んで撮影!)、

今回は、大城さん経営するスタジオで
撮影をお願いしました。
https://www.facebook.com/anna.sato2/posts/10223559062745739

まるで映画セット中に入り込んだような
素晴らしい調度品に囲まれて、
メチャクチャ気分が上がりました~!!!

さて、ここからが本題です

普段、私は、
もっぱら「撮影する側」なで、
自分が被写体になることは
ほとんどありません。

ですから、
今さらながら告白しますと、
前回撮影ときは、
すごーく、
緊張していたんですね。

そして、
「いい表情にしなくちゃ!」と
かなり、肩に力が入ってました。

で、

「はい、いい笑顔ください!」
なーんてことを言われると、
かえって顔が引きつって、
口角がプルプルしちゃったり(>_<)

「できるだけキレイに映りたい」
そんな欲にまみれていたで(笑)、
しなくてもいい余計なポーズを
取ってしまったりとか…

ああ、いま考えても
恥ずかしい~!!!

ですが、今回は、
不思議なことに、
まったく緊張しなかったんですねえ。

そしてまた、
「笑顔を作って!」と言われても、
顔が引きつることなく(笑)、
自然に微笑むことができたんですよ。

一体、どうしてなか…

シャッター音を聞きながら
考えてみました。

すると、いくつか理由に
思い当たったんですね。

1つは、
「キレイに写りたい」という
欲が無くなっていたこと。

もちろん、
期分をアゲるために、
皆さん「素敵!」「カッコイイ!」と
場で誉めてくださいますが…

私は、今回は、

「自分では写真を選ばない」
「すべてお任せする」と
決めていましたで、

どう映ってるかということには
あまり関心が無かったんですよね(笑)

そして、もう1つは、
「表情を上手く作れるようになった」
ということ。

実は、こ部分に、
自分でも一番、驚いたんです

私、もともと芝居をやっていたで、
多少は、表情作りには
自信がありました。
あったはず…でした。

しかし、前回プロフィール撮影で、
かりそめ自信を
見事に、打ち砕かれたんですねえ….

「見映えよく撮ってほしい」
「きっとこうすればカッコよくなるだろう」

そういう
「自分をよく見せたい!」
ということばかり考えていたせいで、

実際には、
かえって表情が硬くなり、
笑顔が引きつってしまったんです

でも、今回は違いました。

「ちょっと微笑んでください」
「徐々に笑ってください」
「一番いい笑顔ください」

こう言われて、
(私なりに)ちゃんと、
リクエストに応えられたんです
しかも、まったくひきつることなく(笑)

これって、多分、
コロナ流行おかげ。

いや、正確に言うと….

zoomやライブ配信などで、
自分顔を映す機会が
以前より、圧倒的に増えたからなんですね。

特に、zoomでセミナーや
オンラインで個別セッションが
昨年に比べて、メチャクチャ増えました。

特に、オンラインでセミナーは、
リアル対面セミナーよりも、
5倍、いや10倍以上、
表情や映り具合に、気を遣います。

自分がキレイに写っているか、という
以前おバカな私ような
遣い方ではなく….

どうやったら相手に伝わるか、
どんな表情なら相手が納得するか、
どうリアクションすれば、
相手が安心して話をしてくれるか、

リアルときに比べて
すごーく、
表情、身体動きに
気を配るようになっていたんです

半分は、意識的に、

半分は、無意識に。

せいで、おそらく、
筋肉が、
鍛えられていたんだと思うんです

また、zoomなど
オンラインセッションでは、
常に、自分顔を見続けますよね。

過程で、
「映る自分に慣れた」ということも
心理的効果として大きいですね。

こんな風に顔を動かせば、
画面では実際には、
これくらい笑顔で見える、

そういうことが、
日々セッションやセミナーで
少しずつ、身についてきたんだと
思うです

それが、
プロフィール写真撮影で
活かされたんですね、きっと。

これ、動画も同じです

いい動画か、
わかりやすくで面白い動画か、
評価を決めるは、

あなた自身ではなく、
動画を見る、お客様です

ためには、
「キレイに写っているか」ということよりも
「伝わっているか」ということに
気持ちを集中させるべきなんですね。

また、同時に、
「数稽古」も必要です

撮影回数を重ねるほど、
ライブ配信を繰り返すほど、

自分自身表情作り方、
分かりやすい話し方が
自分で分かるように、なってきます。

あ、でも、
ただやみくもに、
回数を重ねればいい訳では
ありません。

きちんと自分で「反省」する、
方から
「厳しい意見」を受け入れる、

そういう、
絶え間ないフィードバックが
必要です

「撮られる立場」を経験してみて、
改めて、
日々積み重ねが大事なだなあと気付き、

積み重ねは、
必ず自分によい結果となって返ってくる…

ことを、
身をもって感じたでした。

あなたも、
お客様とオンラインセッションや、
zoomセミナー、ライブ配信ときには、

ご自身表情が
「伝わる表情」になっているか、
ぜひ、意識してみてくださいね。

忌憚ない意見を聞いてみたい…

そういうときには、
動画を作っている仲間意見が
参考になりますよ!
https://personalitv.com/consulting/honkidedouga/

ではでは、また!