こんにちは!
個人事業主/起業家の皆さんを動画で応援するPersonaliTV、
映像ディレクターの佐藤安南です。

お引き受けしている動画編集の1つが、
ほぼ完成に近づいたので、
少しホッとしている私です^^

どんなテロップにしたら
お相手の世界観に寄り添えるか、

どのBGMを使ったら、
このシーンがより盛り上がるのか、

あれこれ考えていると、
あっという間に
時間が経ってしまいます!

特に音楽選びは
気を遣いますね~。

最近は、
音を出さずに動画を見る方も
多くなってきていますが、

やはり、
見る方の感情を揺さぶり
気持ちをかき立ててくれるのに
BGMは欠かせませんからね。

さて、さっそく今日のお題にまいりましょう。

本当に反省してます…】です。

そうなんです。

今日は、
謝らなきゃいけないことが、
あるんです。

とにかく一刻も早く、
ごめんなさいと
お伝えしたくて。

いやもう、
心の底から、
反省しています。

それはなぜかと言うと…

実は今日、
とある方からの
個別のご相談を受けたんですね。

2か月以上前から
ご予約をいただいていまして。

動画を作りたいと
ずっと前から思っているけれど、
何から始めていいのか分からない。

そもそも、
動画に取り組む勇気が
出てこない。

だから、
相談することで、
まず、一歩を踏み出したい。

そういうご依頼でした。

ええ、ええ、
そうですよね。
最初の一歩は、
本当に勇気が要りますよね!!

ですので、
何かを始めるのにふさわしい
12/15新月の日(今日です!)に
ご相談をお約束したのです。

2か月以上前に。

ところがですね。

その後、素晴らしいことに、
とあるきっかけで、
その方が動画を作られることに
なられたそうで。

すでに撮影と編集を
外部の業者に依頼。

最終チェックが欲しいということで
動画の構成を
お送りいただいたのです。

おお、この2か月の間に、
大きな進化が!!!

最初の一歩を踏み出されたこと、
本当に素晴らしいです!
伺った私は、
最初、とても喜んでいました。

拝見した構成も、
とても充実していました。
専門的な内容を、
分かりやすく丁寧に説明していらして。

文章のいたるところから、
その方の熱い想いが
文面からあふれ出ていました。

しかし….

残念ながら、
「動画向き」の構成では
無かったんです。

あれれ?

専門の業者に依頼するんだから、
ちゃんと構成までアドバイスを
もらえたはずなのでは?

ところが、
今日、詳しくお話を伺うと…

構成へのアドバイスは無く、
その方からのリクエストに応じて、
撮影と編集をするだけ、
ということだったそうなんです。

結局その方は、
ご自身で構成を書き、
別の方にアドバイスをもらったそうで。

しかも、その「別の方」も、
動画制作のプロでは
ありませんでした。

ああ….

私が反省した点の1つが
これです。

「真の動画制作のプロ」とは何か、
もっとちゃんとキチンと、
お伝え仕しきれていなかった、
ということです。

「真の動画制作のプロ」は、
構成作りから、
ご相談に乗ります。

というか、
構成を作らない業者を、
動画のプロとは呼びません。
それは、単なる「代行業」です。

ましてや、
お相手の方は、
動画に関しては
まったくの初心者です。

料理に例えれば、
まったく料理をしたことが無い人に、
「代わりにつくってあげるから
レシピを書いて持ってきて」
というようなモノです。

無茶過ぎますよね!!!

また、
構成をチェックしてくださった方も、
文章のプロではありますが、
「動画の構成」の
プロではありませんでした。

これも料理に例えれば、
テーブルマナーには詳しいけど
料理作りはよく知らない人に
「レシピについて教えて」と
言っているようなモノですよね…

「真のプロ」であれば、
自分にできないことは引き受けず、
他の信頼できる人を
紹介するべきです。

特に、
構成を書かない、書けない人は
「動画のプロ」を名乗っては
いけない!!!!

レシピを作れない人を
「料理のプロ」と呼ばないのと
同じことですよ。

ああ、
作ろうと思い立ったときに
すぐご相談してくだされば
よかったのに…

思わずそう口走ったら、

「いや、安南さんは、
ものすごくお忙しいと伺っていたから…」
とのお答え。

で、ここが、
私の反省点の、2つめ。

「忙しい」とばかり
お伝えしていたので
(ご迷惑をかけないつもりだったのですが)、

お相手の方の、
ご相談したいというお気持ちを
遠ざけてしまっていたのです!!

ああ、本当に、
申し訳ありません…

そうですよ。

私が忙しいかどうかなんて、
ハッキリ言って、
みなさんの今のお悩みには
関係のないことです。

動画作りをサポートし、
お役に立つのが
私の使命のハズなのに。

かえってお客様に
気を遣わせてしまっていたとは…

わーん、
私のバカバカバカ(>_<)

というわけで…

今後は、制作体制を見直し、
動画制作のご依頼に
もっと対応できるようにいたします!

そして、反省の証として…

2021年の2月2日までは、
1時間のご相談を
【\5,000】でお受けすることに
いたします!!!

これ、「事前相談」の枠なのですが、
この事前相談枠だけを
大幅に延長します。

さらに、3つめの反省点は…

「自分で作れるようになれば、
依頼するときにダマされなくなる」

このことを、
キチンとお伝えしてこなかったことです。

ご相談下さったかたも、
プロセスが分かっていないから
「こんなもんか」と
思ってしまった訳ですよね…

動画の作り方のプロセスが
ご自身で分かっていたら、
業者の言いなりにはなりませんよね。

逆に、
少しでも動画制作の経験があれば、
クオリティの高いモノを作るには
それなりに時間とお金がかかることは
ご理解いただけるハズです。

それに、何より、
自分で動画を作れるようになれば、
日常的な発信に、
お金をかけずに済みます!!!

例えば、
私に10分程度の動画を
2本ご依頼いただくとすると、

こちらの受講費分くらいは、
いただくことになってしまいます。
たった動画2本分で、ですよ。
https://personalitv.com/consulting/livemaster/

それに、私どもプロの立場からも、
動画を作れるようになってもらうのは
ありがたいことなんですよ。

ときおり、
「撮影はするので編集だけお願い」という
ご依頼をいただくことが
あるのですが…

コレ、プロとしては、
一番困るんですよね…

つまり、
作り方が分かっていないのに
材料の下ごしらえだけ
自己流でされちゃった感じ。

お寿司を作りたいのに
カレーの材料を
持ってこられたという
イメージでしょうかね。

もちろん、
何とか頑張って対応しますが、
「元の材料が全然違う」なのに
いい仕上がりは望めません…

多くの場合、
最初からやり直しになって、
結局、余計にお金がかかります。

むしろ、プロの立場としては、
ご自身で上手に
撮れるようになっていただいて、
本当に必要なときだけ、
お声をかけていただきたいんです。

というわけで、
私の「海より深い反省」は…

1)動画制作のプロとは何か伝えてこなかった

2)「忙しいアピール」が過ぎてご相談を遠ざけていた

3)自分で作れるメリットを伝え切れていなかった

この3つです!

先にもお伝えしたように、
本日12/15は、新月。
何かを始めるのに、
もっともふさわしい日です。

まずライブ動画から始めて
動画教材をドンドン作っちゃいたいと
あなたが思うなら、
【ライブ動画完全マスター講座第6期】を。
(合い言葉は「ライブ動画をマスター!」)
https://personalitv.com/consulting/livemaster/

そして、今日の21:00には、
YouTubeを始めたいという方ために、
もう一つのご案内がありますよ。

ご相談も、遠慮なく
ご利用くださいね。
2/2までは、1時間【5,000円】です!
https://55auto.biz/personalitv/touroku/entryform11.htm

ではではまた!