PersonaliTV®︎

個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援する

バーチャル背景、必ずうまくいく必殺技とは?その1(動画の撮影)(ライブ動画)

views
約7分
バーチャル背景、必ずうまくいく必殺技とは?その1(動画の撮影)(ライブ動画)

こんにちは!
個人事業主/起業家の皆さんを動画で応援するPersonaliTV、
映像ディレクターの佐藤安南です。

今日は、
いつもより、
かなり早い時間帯の配信です。

今週火曜日のメルマガは、
ライブ配信の準備にバタバタしていて
ついウッカリ忘れてしまったのですが(汗)、

その代わりと言っては何ですが、
ゲストの小山弘樹さんから、
とてもとても内容の濃い、
意義深いお話を伺うことができましたよ。

アーカイブでも残っていますので、
ぜひぜひ、ご覧になってみてください。
https://youtu.be/z9RWQ1CAaw8

特に注目したいキーワードは

「ハイブランド・マルチプライス」
「夢を売る仕事」
「ミニマル化」

ですよ!!!

さてさて、
今日早めにメルマガをお届けしているのは、
2つ、(正確には2つ+1)、
お知らせがあるからです。

=====

【おしらせその1】

本日4/1(金)21:00-ライブ配信!
「はしけい&あんなの『話しちゃおっかな!?』」vol.4
テーマ:ついていいウソ、悪いウソ
https://youtu.be/Q9dlalEDwZE

話し方のプロ・『はしけい』こと橋本恵子と、
動画のプロ・『あんな』こと佐藤安南の2人による、
オモシロ真面目なトークライブ!

コミュニケーションのあり方について、
これからのメディアのあり方について、
共にTV業界で長くキャリアを積んできた2人が、
熱い思いをさらに熱く語り尽くします。

今回のテーマは、
エイプリルフールにちなんで
「ついていいウソ、悪いウソ」。

もちろん、「ウソ」をついて人を騙すのは、良くないこと。
しかしその一方で、「嘘も方便」という言葉もありますよね。

ついていいウソ、悪いウソ。
円滑な人間関係のために、
そしてこれからの情報社会を生きていくために、
私たちは、「ウソ」と、
どう付き合っていけばいいのでしょう?

コメント・質問大歓迎!
「伝え方のプロ」の2人が、
「ウソ」について、とことん掘り下げます!
ぜひぜひ、ご覧ください!
https://youtu.be/Q9dlalEDwZE

——-

【お知らせその2】

久しぶりにTV番組制作に参加しました!
4/2(土)15:00-NHK/Eテレ
すくすくナイト「もしかして発達障害?」
https://www.nhk.jp/p/sukusuku/ts/DNYRMZW5Q1/episode/te/6N7JPPPWJK/

昨年5月から半年ほど、
テレビのお仕事を
お休みしていたのですが…

昨年末から今月にかけて、
本当に久しぶりに、
特番のお手伝いをしました。

テーマは、
今や10人に1人以上が
当てはまるかもしれないという
「発達障害」。

そもそも、誰にでも、
何らかの発達の凸凹はあるもの。

でも、世の中が子育てに厳しくなる中で、
特に発達の凸凹が大きな子は
とーっても、生きづらくなってるんですよね。

ご存知かもしれませんが、
私の娘は、
指定難病「モヤモヤ病」の影響で、
ちょっと知恵づきが遅いんです。

中学校では特別支援学級にいて、
高校も「サポート校」に通ったので、

ダウン症のお友達や、
自閉症スペクトラムのお友達が
たくさんいます。

そういう理由で、
以前から「発達障害」のテーマには
半ば当事者の家族として
深い関心を持ってきたんです。

3/19(土)に初回放送したモノの
再放送なんですが、

ちょうどこの再放送日・4/2(土)は
「世界自閉症啓発デー」なんですよね。

ぜひ、この機会に、
どんな人でも生きやすい社会について、
番組を通じて、考えてみませんか。

あ、ちなみに私が担当したのは、
番組の後半のロケ映像部分です。

狛江市の発達支援センターの紹介と、
20歳の大学生の男の子、
そしてそのお母さんのミニドキュメント。

もちろん(笑)今回も、
iPhone12ProMaxで撮影していますよ。
スマホでもこれだけ撮れるということも
映像で確かめてみてください~
https://www.nhk.jp/p/sukusuku/ts/DNYRMZW5Q1/episode/te/6N7JPPPWJK/

——

【さらにお知らせ】

そして、
明日4/2(土)の23:00から、
【おしゃべり魔女の深夜放送】の
配信もあります^^

バタバタしてて、
実はまだ、配信予約ができてなくて…

チャンネル登録していただけると
お知らせが届きますので、
ぜひ、この機会に登録してください~

【PersonaliTV佐藤安南のYouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/c/PersonaliTV佐藤安南

=====

さてさて、
前置きが大変長くなりました。

ようやく本日のお題です。

【バーチャル背景、必ずうまくいく「必殺技」とは?】です。

バーチャル背景、
あなたは
使っていらっしゃいますか?

5年前くらいまでは、
それほど使う人は
多くありませんでしたが、

今では、
zoomやライブ配信などで
お馴染みになりましたね。
StreamYardやmmhmmでも
バーチャル背景が使えますよ。

「部屋が片付いてない!」
「もっと自分のイメージと合う背景に!」

こんなとき、
自分の好きな写真や画像で
背景を合成できる
とーっても便利な機能です。

もちろん、
私も常に「バーチャル背景」を
使っていますよ。

でも、
このバーチャル背景で
よくあるお悩みが…

「モノを映すと消えちゃう」
「動くとキレイに写らない」
というもの。

他にも、
後ろを別の人が横切ったりすると、
グニャッと背景が崩れたりする
「ゴースト現象」が
起きたりしますよね。

これは、ある意味、
避けられないことなんです。

なぜかというと、
AIを使って、
人の輪郭を認識しているから。

でも、
手にモノを持ったり、
激しく腕を動かしたりすると、

「これが人間の形だ!」という
AIの予測から外れてしまいます。
だから、うまく映らないんです。

じゃあ、どうするか。

答えは、とってもシンプルです。
「必殺技」というほどじゃあ、ありません。

それは….

「グリーンバック」、
背景用の布を使って
バーチャル背景を作る方法です。

こうした、
色布を使って合成する方法を
「クロマキー合成」と
言うのですが…

「クロマ」=色の情報 を
「キー」=カギにして

緑とか青とか、
特定の色だけを透明化する
技術なんです。

元々の「バーチャル背景」加工は、
必ず緑や青の背景布を
使っていたんですよね。

そして、背景布を使ったほうが、
パソコンに負担がかかりません。

「緑色だけ透明にして!」という
ごくシンプルな命令ですからね。

ですから、
動いても、モノを見せても、
とーってもキレイに、
背景の画像と合成できます。

そんな訳で、ここ1~2年、
「グリーンバック」などの
背景布を使う方が
どんどん増えてきました。

ある意味、
「先祖返り」のような現象ですね。
Wifiから有線LANに戻るような
感じですかねー。

私の講座やコンサルを受けている
受講生さんたちも、
こうした「グリーンバック」を
使って撮影している方が多いです。

ある方などは、
事務所全体を、
緑のスクリーンで覆ってしまいました!
すごすぎる!!!

ところが、ですね…

「背景布を使っているのにキレイに写らない」
「かえって画面が汚く映る」

こういうお悩みも、
ちらほら、聞くようになったんです。

本来なら、
「グリーンバック」などの
背景布を使えば、
キレイに背景が透明になる
ハズなんですが…

どうして、こういうことが
起きてしまうのでしょうか?

それは、

・光の強さ
・布と自分との距離

この2つに、
問題があるからなんです!

おおっと、
前置きが長かったせいで、
お伝えしたかった「必殺技」の
本題にたどり着けない(汗)

というわけで、この続きは、
明日、臨時のメルマガで
お伝えしますね。

今晩のライブ配信を見ていただければ、
私の「背景布」が
どれだけキレイに透明化されているか
確認することができますよ。
https://youtu.be/Q9dlalEDwZE

ではでは、
明日は臨時で、この続きをお届けします。
楽しみにお待ち下さい!

古書の本棚の前でパソコンを開いて動画編集をしながら本を読み微笑む佐藤安南
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
sato_anna@personalitv.com