最近ですね、
とっても素敵なモノを
我が家IT部長(夫)が
見つけてきまして….

こちらです
https://www.minet.jp/brand/gig-gear/gig-gear-cam-a-lot/

Facebookタイムラインでも
ご紹介したですけどね。

見た途端、もうビックリ(笑)

「おお、コレは!」
「私がやってることが商品化されたか!」

即座に、ポチッとしてしまいましたよ(爆)

いやそれにしても、
ニーズをいち早く察知して
すぐに商品化できる対応力、
メーカーさん、スゴいですね~。

ビデオ会議関連商品やビジネスは、
これからも、
ますます商機が広がりそうですね。

そういう意味では、
動画活用も同じですね^^

一緒に頑張ってまいりましょう!

さて、
今日お題にまいりましょう。

使うべきか?使わざるべきか?バーチャル背景です

冒頭でご紹介したは、
zoomなど「バーチャル背景」に使う、
いわゆる「グリーンスクリーン」です
https://www.minet.jp/brand/gig-gear/gig-gear-cam-a-lot/

最近では、
SkypeやLINEでも、
バーチャル背景が
使えるようになったそうですね!

それだけ、
ビデオ会議」「ライブ動画」が
一般的になってきたこと
証拠ですね~。

特に、
緊急事態宣言発令中は、

お子さんがご自宅にいて、
会議中に映り込んでしまうという
お悩みをお持ち方も
多かったようですからね。

部屋中がグチャグチャで
(はい、それ私です…)
あまり見せたくないときにも
バーチャル背景は大活躍です

ところが…

最近、こういうご質問を
受けるようになったんですねえ。

「やっぱり、バーチャル背景はあった方がいいんですか?」

「そまま背景だと、相手に対して失礼ですか?」

おやおや。

いつ間にか、
バーチャル背景が、
「使わなくてはならないモノ」だと
誤解されるようになってます。

結論から言うと….

【背景がちゃんとしていれば、使わなくてイイ!】です

もう一度、言いますよ。

【背景が「ちゃんと」していれば、バーチャル背景は使わなくてイイ!】です

ええ、あ
使って見たい気持ちは、
よーく分かります。

私自身、
zoomを使おうと思った理由が
「バーチャル背景」でしたからね。
(「クロマキー合成」というですけどね)

でも、やみくもに、
バーチャル背景を使ってしまうと、
かえって、
あなたの魅力が
伝わりにくくなることも、あるんです

例えば….

・全然ハワイに興味が無いに、
ハワイビーチ動画を背景に使う

・堅実なマネー投資話をしている
なぜか宇宙背景が出ている

・深刻なご相談を受けているに、
草むら中にいる

はい、今あげた背景、
すべて、zoomに入っている
バーチャル背景ですよね(笑)

単に、
背景ゴチャゴチャを隠すためだけに、
お仕事と関係ない画像を
背景に持ってくるは、NGです

単なるzoom飲み会や、
気心知れた方と
ちょっとした打合せなら
構いませんよ。

ですが、
オンラインセミナーや、
コンサルでクライアントさんと
じっくり向き合うとき、

あるいは、
動画教材を作るために
zoomを活用するとき、

あなたのお仕事とまったく関係ない、
ハワイビーチや
宇宙写真を見せられたら、

「こ人、一体何仕事してるンだっけ?」と
お客様中に、
「?」マークが、たくさんわいてしまいます。

それだけでなく、
相手方が
背景に気をとられて、
あなたのお話に
集中できなくなってしまう危険も…。

また、
ちょっとよいパソコンをお使い場合、
さらに注意が必要です

AI技術発達で、
zoomやSkypeバーチャル背景は、
背景に何も置かなくても、
自動的に人間を判断し、
勝手に背景を合成してくれるようになりました。

いや、これ本当にスゴいことです

スゴいことなんですが…

手を動かしたり、
何かほかモノを見せたり、
はたまた、
人が背後から近づいてきたりしたら…

手が見えなくなったり、
見せたいモノが見えなくなったり、
急に別人が現れてきたり…

そう、
「ゴースト」と言われる、
変な合成が現れてしまうんです

特に、
動きを見せたい
フィットネス系先生が
バーチャル背景を使うと、

肝心動きが
まったく見えないという
残念なことに、なってしまいます。

つまり!

バーチャル背景は、
あくまでも「バーチャル」。

あなたの世界観を、
より強調してくれるモノであれば、
使っても構いません。

ですが、

単に、背景を隠したいから、
単に、面白そうだから、
何となくかっこよさそうだから、

そういう理由で使うは、
オススメしません。

一番いいは、
やはり、「リアル」な背景です

リアルでセッションを行うサロン、

いつもくつろいでいらっしゃる
ご自宅リビング、

作品を生み出していらっしゃる
ご自身アトリエ…

そういう、
ご自身お仕事や世界観を
一番よく伝えてくれるは、
ご自身、リアルホームグラウンドです

ホームグラウンドが
リアルで使えない場合や、

舞台が3次元ではなく、
5次元精神世界にある、

そういう場合にみ、
お仕事内容や
世界観に合うバーチャル背景を、
しっかり吟味して、選びましょうね。

ではでは、また!