こんばんは!

個人事業/起業皆さん動画応援するPersonaliTV、
映像ディレクター佐藤安南す。

先日水曜日、
ソウルバースセラピスト小林桜さんと
「セックス本質とは?」というテーマ
ライブ対談しました。
https://youtu.be/L3SiXPocob0

毎回感じることすが、
ライブ対談って、
本当に面白い!

事前に、入念な打合せして
構成しっかり作っているにも
関わらず、

ライブ間に、毎回、必ず、
新しい発見があるんすよね。

特に今回は
いつもと違う発見がありました。

120人以上方がご覧くださり、
中には、最初から最後ま
1時間以上視聴くださった方も…

も、今ま対談と違って、
終わりになるま
まったくコメントが無くて(T_T)

どうしたんだろう?
なぜリアクションがないかな?
ナビゲートが悪いかな?
それにしては、
視聴者数が減らないに…

そう思っていましたら、
配信終了後に

「コメント名前が載るが恥ずかしかった
コッソリ見てました!
本当に面白かったす」

…と、
見ていてくださったからご連絡が。

ホッとしました~^^

まあ、そうすよね。
タイトルがかなり刺激的すし(笑)

も、とても深くて分かりやすい
本質に関わるお話だったんすよ。

真面目に語ることについて
「恥ずかしい」と思わなくて済むような
時代が早く来て欲しいなあと
改めて感じた対談した。

ぜひご覧になってみてくださいね。

特に、後半40分過ぎてからお話が
深くて本当に面白いすよ。
https://youtu.be/L3SiXPocob0

さてさて、
本日お題にまいりましょう。

テロップ動かすより、世界観統一考えようす。

動画編集ときに、
どんなアプリ使っていますか?

もし、まだ動画編集に
取り組んいないとしたら、
どういうアプリ
使いたいと思いますか?

ここ数年、
特に人気があるは、

「モーショングラフィックス」という、
字がクルーンと動いたり
シュパーンとカッコよく
アニメーションされて
出てくる機能す。

いやあ、もう、
25年以上映像業界働いてきた
目からすると、

スマホだけこんな効果が
作れちゃうなんて、
もう本当に驚きしかありません。

私も、使っている編集ソフト
「モーショングラフィックス」機能は
ときどき使っていますよ。

しかし、すね。

動画初心者が陥りがちなワナが
ここに潜んいるす…

それは、

テロップ動きに惑わされて、
世界観見失ってしまうこと。

例えば、

とてもエレガント
ハイセンスな商品
売りたいに、

びよんびよーんと、
ボールが弾ん出てくるような
動き使ってみたり。

フンワリと優しい、
癒やし空間見せたいに、

ガガガッと爆発するような
激しい動きテロップ
入れてみたり。

単純に、
場所名前見せるだけなに、

グルグルーっと周りながら
文字が飛び込んきて、
肝心場所名前は
ほとんど分からなかったり。

するに、
動きと内容が
合っていないんすよね。

つまり、
世界観統一が
きていないんす。

これ、動画初心者だけなく、
実は、プロもやりがちなんすよね。

テロップ動かしたほうが
プロ仕事していると思われると
勘違いしちゃってるんすよねえ。

あ、実はこれ、
ディレクターとしてデビューした
20年くらいまえことす(>_<)

頃は、
テロップ一つ動かすも、
専門スタジオ使って
何時間もかけて作業しましたから、

内容本質とは関係ない、
単なる自己満足動き作るために、
1時間2万円もかかるスタジオ代ムダにして
先輩にこっぴどく叱られたモノす…(T_T)

今は、もう、
番組も、自分作る動画も、
テロップムダに動かすことは
ほとんど無くなりました。

使うとしても、
ごくたまに、
スパイス的に入れるだけす。

それよりも大事にしている

・テロップ

・テロップ字体

・画面構成

こういうことが、
動画「世界観」に合っているか、
そちらほう重視しています。

実際ところ、
テロップ動かさなくても
面白い動画はたくさんあります。

そもそも、テロップが動く理由は、

・注意引いたり

・飽きさせないようにしたり

・世界観補強したり

そういう、
「補助」ためにあるす。

あなたの世界観が明確
言いたいことがハッキリしていて
構成がシンプルにまとまっていれば、

わざわざ、
テロップ派手な動きつけなくても、
あなたの思いは
ちゃんと伝わるはずなす。

それ以前に、
画面自体が「動いて」いるわけすからね。
動画なんすし(笑)
それだけ、情報量がメチャメチャ多いンす。

実際、プロ作った動画広告や
Youtubeたくさん再生されている動画は、
案外シンプルに作られているモノすよ。

テロップ動かす前に、
まずは、世界観統一!

字体とか、色使いとか、
文字間隔とか、

そういう「レイアウト」ほうに
遣うように
してみてくださいね。

は、また!

古書の本棚の前でパソコンを開いて動画編集をしながら本を読み微笑む佐藤安南