いや〜、今日は疲れました〜。

午前中に1件、午後に1件、番組の取材。
夜は、娘の通う専門学校で、
娘の卒業公演。

そんなわけで、いつもよりかなり遅い時間の配信です。

まずは、お知らせから。

明日3/10土曜日の夜21:00から、NHKテレにて、
私の担当した「すくすく子育て・ことばの心配」が放送されます!
http://www.nhk.or.jp/sukusuku/#topnext

もちろん、今回も、
ご家族のお悩み取材部分は、
すべてiPhoneで行なっています(^^)

小さなお子さんのいらっしゃる方、

育児、教育にご関心のある方、

お孫さんのいらっしゃる方、

ぜひぜひ、ご覧くださいませ。
http://www.nhk.or.jp/sukusuku/#topnext

 

さてさて、今日のお題は、
【「品のある」テロップの入れ方とは?】です。

 

昨日の午後、

私の尊敬するビジネス戦略コンサルタント、
熊谷美雪さんのセミナーに参加しました。
https://writingkumagai.com

セミナーをビデオで収録し、
5000円程度の「オンライン講座」としてフロントセミナー化しただけで
何と、100万円以上の売り上げをあげられたそうなんです!

そのノウハウを教えてくださるというので、
これはお話を聞かなければ!と
セミナーが告知されたときにすかさず申し込みました。

いやー、目からウロコ、納得と気づきの連続でした!

美雪さんは、基本的にはセールスレター、文章のプロです。

動画の専門家ではありません。
(動画の専門家は私です・笑)

ですからセミナーの最初に
「動画の作り方をお伝えするのではありません」と、
しっかりお断りがありました。

では、一体なにを教えてくれたのかというと…

セミナーを収録し、
オンライン講座として活用するときに、
どんな準備や、仕掛けが必要なのか、ということ。

その中での美雪さんのお話で、
とても、興味深いフレーズがありました。

それが
「品のあるテロップを入れましょう」という言葉。

うーん、さすが文章のプロ!
「品のあるテロップ」!

 

いい言葉だ〜

‥と感心していたら、
なななんと、美雪さんのセミナーなのに、

「映像のプロである安南さんから
説明してもらいましょう」と、いきなりの無茶振りが!

ええーっ、
そんな話聞いてましたっけ?

‥とビックリしつつも、喜んで、ご説明しましたよ。

つまり、「品のあるテロップ」とは‥

  • シンプルで(派手な効果は不要)
  • 読みやすく(見る人のことを考えた)
  • 分かりやすい(簡潔に意味が伝わる)

こういう条件を備えた、テロップのこと。

美雪さんは、

「動画のプロではない方が動画を作るときの心構え」として
このお話をされたのですが‥

プロの世界でも、基本原則は、同じなんです。

テロップがキラキラ輝いたり、
スパーンと飛んできたりするのは、
あくまでも、より意味を強めるための演出。

本来のテロップは、

名前や地名などを説明したり

話のポイントを伝えたり

パッと分かるように強調したりするもの。

あくまでも、
「見る人のため」のものなんです。

つまり、

「自分が自分が」と自分の言いたいことを
押しつけるのではなく、

さりげなくシンプルに、
見る人にとって必要な情報を、
見る人の立場になって、スマートに提供する。

これが

「品の良い」という意味なんですね〜。

ちなみに、

美雪さんは、
ご自身で動画を作ってはいません。

でも、私の「iPhone動画制作セミナー」を
受講して下さり、
「どのような動画作りをすればよいか」という
根本原則を、学んで下さいました。

そして、そこからガッチリと仕組みを構築し、
1本5,000円の動画から、
100万円超えの売上げを達成されたのですね。

うーん、素晴らしい!

見る人の立場に立つという姿勢を、
「品の良い」という一言でエレガントに表現できるのも、
美雪さんの素晴らしさです。

 

そして、美雪さんも受けてくださった
「iPhone動画セミナー」のDVDは、
こちらです(^^)
https://personalitv.com/products/dvdiphone/

 

どんなところに、
どういう風にテロップを入れたらいいのか、

 

「品の良いテロップ」って、
どうすれば入れられるのか…

ヒントは、

あなたがよく見ている、テレビ番組にあります。

あ、YouTubeの動画は、
残念ながら、あまり参考になりません。

基本的には、
「テロップがほとんど無くても分かる」のが
いい状態の映像ですよ。

バラエティではなく、
ニュースとか、ドキュメンタリーとか、
わりと「硬派」の番組が、参考になります。

  • どういうところでテロップが出てくるのか
  • どれくらいの長さなのか
  • どの位置に入っているのか

こんなところに気をつけながら
テレビ番組を見てみると、
あなたの動画作りも変わってくると思いますよ!

そういう訳なので、
明日の「すくすく子育て」も、
ぜひ、参考にして見てくださいませ。

ではでは、また!

(追伸)

PersonaliTV初めての長期コンサルプログラム、
「PersonaliTVer養成講座」。
https://personalitv.com/consulting/personalitver/

あなただけのために、
動画作りをシッカリ学べる、
完全なパーソナルプログラムを作ります。

毎週1回の個別コンサルと、
レベルに合わせた課題練習で、
動画作りの基礎の基礎から、みっちり習得。

お勧めの機材・編集ソフトや
YouTubeチャンネルの作り方から
あなたのビジネスを拡大させる
動画セミナーの作り方まで、
ご希望に応じて目標を設定し、
しっかり、ゴールまでお導きします。

ご参加いただいた方には、様々な特典が!

*【プロが教える「本当に売れる」iPhone動画制作セミナー】ダウンロード版(19,000円)無料プレゼント

*非売品オリジナルテキスト「映像制作の基礎」PDFプレゼント(セミナー50,000円分の価格!)

*「本気で動画研究会」無料参加(スタンダード会員15,000円/月)

*さらにコース終了後、ご希望の方には、
「本気で動画研究会・スタンダード」を、
通常参加費15,000円のところ、
【10,000円/月】で、継続ご参加いただけます!

プロに動画制作を1本依頼する価格で、
一生モノのスキルが、身につけられるチャンスです!
ぜひ、この機会にご参加くださいね!
https://personalitv.com/consulting/personalitver/

 

—————————————————–

 

PersonaliTVメルマガ
https://personalitv.com/mailmagazine/

お客様の声
https://personalitv.com/category/voice2/