さて、今日のお題は

「動画を見るのは人間の『本能』?」

実は今、私、
「子育てとスマホ」について、
番組で取材をしている真っ最中です。

ご存知かと思いますが、
電車や車の中でぐずる赤ちゃんに
スマホを見せておとなしくさせる

「スマホ育児」が、広がっていますよね。

数年前にも、取材先で、3歳くらいの女の子が
器用にiPadを扱う姿を見てビックリしたものですが…

今では、なんと生後2,3か月から、
スマホの動画を見始めるというんです!

赤ちゃんがピタリと泣きやむ!という
「泣きやませ動画」というのが
いくつもあるようなんですね。

どうしても泣きやんでくれないときとか、
オムツ替えのとき、歯磨きのとき、
赤ちゃんにじっとしていて欲しいときに

こうしたスマホの動画をみせると効果てきめんなんだそうです。

そして、早い子だと1歳過ぎたくらいから、
YouTubeのアイコンをタップして
自分で動画を見るようになるそうです。

スゴい時代になったものですね…

こうした「スマホ育児」の是非はさておき、

私が本当にビックリしたのは、
1歳にも満たない赤ちゃんが、
動画が始まったとたんに
スマホの画面に、釘付けになること。

実際に、私もその様子を見せてもらいました。

着替えを嫌がって暴れる赤ちゃんが、
スマホの動画が始まるとアラ不思議、
ピタリと動きが止まって、ジーッと画面を見ているんです。

ひえ〜、

こんなに効果があるものか〜と、ビックリしました。

何度かその様子を見せてもらいながら、
「そりゃ効果があるのは当然だ」と
納得しました。

もともと、人間の赤ちゃんは
生まれたときから目の前の「動くモノ」に興味を持ち、
目で追うという習性があるんですよね。

これを「追視」というんですけど、
2か月くらいから、目の前でゆっくり指を動かしたりすると、
しっかり目で追うようになってきます。

それを応用したオモチャが、
赤ちゃんのベッドの上でクルクル回る
「ベッドメリー」ですよね。

でも、ベッドメリーは、
同じものがグルグルと回っているだけ。

それに対してスマホの動画は、
次から次へと画面が動いて入れ替わり、
同時に、楽しい音楽もついてきます。

こりゃ、赤ちゃんがじっと見るのも当然ですよね…

ちょっと乱暴な言い方をすれば、

動画というのは、
「動くモノを思わず目で追ってしまう」という
人間の本能に訴えかけるメディアなのですね。

「スマホ育児」の是非はさておき、
動画の持つ強力な効果を、
子育ての現場でも、実感している私なのでした…

撮影取材した番組は、年明けに放送予定です。

放送日前にお知らせしますので、
ぜひ、ご覧くださいね^^

ではでは、また!

 

追伸

発売延期をお知らせした、
「初めてでも安心!プロが教える『本当に』売れるiPhone動画セミナー」DVD。
https://personalitv.com/products/dvdiphone/

発売予定は、クリスマス頃になる予定です。
【早期特割:15,000円】(税込み・国内送料込み)のご予約も、
11/30(木)まで、延長いたします。

特別先行予約は、
メルマガ読者様だけへのご案内です。
あと残り6日、お急ぎください!
https://personalitv.com/products/dvdiphone/

 

—————————————————–

PersonaliTVメルマガ
https://personalitv.com/mailmagazine/


お客様の声
https://personalitv.com/category/voice2/