PersonaliTV®︎

個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援する

[メルマガ] あなたは縦派?それとも横派?(その4)

32 views
約7分

さて、今回も

「あなたは縦派?横派?」というテーマでお届けします。

前回も、クイズを出していましたよね。

—————————-

以下の6つの中から、

「縦向き動画」にふさわしいものをすべて選んでください。

A:南アルプスの山々の風景

B:20代女子の自撮りメイク講座

C:幼稚園児ヒロくんのタップダンス

D:サーフィンのテクニック紹介

E:カリスマコーチ2人の対談

F:スラッとしたボトルの炭酸飲料広告

—————————–

さて正解は…

B:20代女子の自撮りメイク講座

C:幼稚園児ヒロくんのタップダンス

F:スラッとしたボトルの炭酸飲料広告

【B、C、F】の3つです。

お返事をいただいた皆さま、
なななんと、全員が、正解でしたよ!

素晴らしいっ!!!

あなたの答えは、いかがでしたか?

前回お伝えした通り、
厳正な抽選を行い、
以下の方々に、プレゼントをお送りすることにしました^^

K.K.さん
S.N.さん
M.U.さん

H.S.さん
A.S.さん
M.N.さん
E.U.さん
M.K.さん
K.H.さん

当選された方には、
個別にメールをお送りします。
楽しみにお待ち下さいね〜

さて、このクイズの内容を、
もう一度おさらいしましょう。

 

—————————-

 

以下の6つの中から、
「縦向き動画」にふさわしいものを、
すべて選んでください。

A:南アルプスの山々の風景

B:20代女子の自撮りメイク講座

C:幼稚園児ヒロくんのタップダンス

D:サーフィンのテクニック紹介

E:カリスマコーチ2人の対談

F:スラッとしたボトルの炭酸飲料広告

—————————–

「縦向き画面」に
ふさわしい内容(コンテンツ)の特徴とは…

・若い人向け

・スマホ向け

・縦向きの内容

この3つだと、お伝えしてましたね。

では、一つずつ解説していきましょう。

最初の正解【B:20代女子の自撮りメイク講座】は、
ターゲット/媒体/コンテンツの特徴、
3拍子そろって「縦向き」ですね。

特に「自撮りメイク」は
顔のアップをじっくり見せるので、
背景は、あまり重要ではありません。

むしろ、メイクに目を引き付けたいので、
背景はジャマになります。

また、顔はどちらかと言えば
「縦長」の作りですよね。

ですので、

アップで顔だけを見せたいなら
「縦向き」画面がふさわしいのです。

続いて、第2の正解
【C:幼稚園児ヒロくんのタップダンス】。

これは、実はちょっと条件がついています。

どういう条件かというと、

・1人で踊っている
・踊る場所の情報を伝える必要がない
・体全体の動きを見せたい
・ちょっとだけ見せたい
・横への移動が少ない

こういう場合に、「縦向き」になるんですね。

特にタップダンスは、
あまり場所を移動せず、
ステップ中心の動きなので、「縦向き」です。

また、あのEXILEの、縦一列になって
「グルグルーッ」と動くアレ、
ああいう動きも、縦に向いてます。

ですが、

「ヒロくんとその仲間たち」が
ステージで踊っているということになると、
横向きにしたほうがよいですよね。

もちろん、EXILEも、

メンバー全員が広がって踊っているときは、
横向きのほうがよいですよ。

最後の正解
【F:スラッとしたボトルの炭酸飲料広告】。

これは、

街中のデジタルサイネージ(電子公告)で
ご覧になったことがあるかもしれませんね。

炭酸飲料に限らず、
飲み物のボトルは、ほとんどが、縦に長い作りです。

ですから、

ボトル全体をバーンと見せたいなら、
背景によけいな情報が映り込まない、
「縦向き」画面が向いていますね。

縦の画面いっぱいに、
ボトルを写すことによって、
インパクトのある動画になります。

お分かりいただけましたか?

他にも、

・ファッションのトータルコーディネイト
・料理のアップ
・縦型スマホゲームの中継

こんなタイプの動画に、
「縦向き」は向いています。

ですが、残念ながら、

撮影した「縦向き」動画を、
縦向きのまま再生できるプラットフォームは、
まだそれほど、多くありません。

あのYouTubeも、
基本的には、「横向き」です。

ですから、

「この内容は縦向きだ!」と思って
意気込んで縦動画を撮影しても…

YouTubeにアップロードすると、
左右に黒ーい画面がついてしまって、
まるでお葬式の遺影のように
なってしまいます(>_<)

スマホで再生するときには、
縦向き画像がそのまま縦向きで表示されるように
なってきたようですが…

徐々に、「縦でそのまま再生」される場所も
増えてくると思いますが、
まだまだ、場所(媒体)を選ぶ必要がありますね。

縦向き動画で、
もう一つ気をつけたいのは、

 

「長さ」です。

 

以前お伝えしたように、
人間の自然な視界は、
基本的に「横向き」です。

目は、左右についていますからね。

縦向き動画は、
人間の視界にとっては、少し不自然な形です。

つまり、縦向き動画は、

 

「今この一瞬、これだけを見てね♥」という、
クローズアップされた画面と
同じ意味を持っているんです。

でも、

クローズアップされた画面を、
ずーっと見続けるのって、
シンドイですよね…

つまり、「縦向き動画」は、
スマホで次から次へと情報を検索し、
ちょっとの間だけ見て「いいね!」を押す、
そういう見方に向いてるんですね。

ようやく、結論です。

縦向きにするか、
横向きにするか。

 

  1. ターゲット
  2. 媒体
  3. コンテンツ

この3つの要素をしっかり考えた上で、
選ぶことが必要です。

さて、

あなたが作りたい動画は、どんな人がターゲットですか?

どんな媒体で見せたいですか?

どういうコンテンツでしょうか?

考えるのが難しいというときは、
いつでも相談にのりますよ!

グループコンサルティング「本気で動画研究会」

 

ではでは、また!

追伸

大好評だった「動画お茶会」を再開します!

お茶を飲みながら、動画のことについて、何でもお話ししましょう。

もちろん、「自分の作った動画を見て欲しい」というリクエストも大歓迎!

詳細は、このメルマガ・HPのブログ・FBページなどでお伝えしますね。

追伸2

グループコンサル「本気で動画研究会」を、
この秋からリニューアル!

トライしやすく、会費もぐっとお得な
「ベーシック」コースを新規開講します!

9月下旬より、募集を開始します。
詳細はメルマガやHPでお伝えします。お楽しみに!

 

—————————————————–

PersonaliTVメルマガ
https://personalitv.com/mailmagazine/


お客様の声
https://personalitv.com/category/voice2/

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
sato_anna@personalitv.com