PersonaliTV®︎

個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援する

[メルマガ] あなたは縦派?横派?それとも斜め派?

36 views
約3分

こんにちは!

個人事業主/起業家の皆さんを動画で応援するPersonaliTV®、映像ディレクターの佐藤安南です。

さてここで、いきなり質問です。

あなたは、写真や動画を撮るとき、スマホをどのように持ちますか?

何も考えずに、目の前の物や人に向かって、スマホを構えてみてください。

 

縦に持ちましたか?

 

横に構えましたか?

 

それとも、斜めにしましたか?

 

この「写真や動画を撮るときのスマホの構え方」って、人によって、全然違うんですよ。

最近多いのは、圧倒的に「縦派」。

やっぱりこれは、スマホの普及が、大きく影響しているのでしょうね。

担当している番組で、お子さんの動画を投稿してもらうコーナーがあるのですが、
これも最近はほとんど縦で送られてきます。

特に小さなお子さんは、全身が写るので、おのずと縦に構えることが多いのだと思います。

そして、

 

10代〜20代の若い女性を中心に、急激に増えているのが「斜め派」。

昭和生まれのオバサンの私は、「どうして斜めに傾けるの?」と、ビックリしちゃうのですが…

どうやらこれ、「自撮り」をするときの構え方によるもののようです。

自撮りするときに、スマホを片手でホールドしながら斜め上にかかげ、ちょっと上目遣いで撮る。

こうすると、スマホは自然に斜めに傾きますから、出来上がりの写真や動画も、斜めになるんですね。

また、そうした「斜め」の画面のほうが、若い女性には「カワイイ」と思われているらしいんですよ。

なるほどね〜。

 

さてさて、

 

私の生きる映像業界では、まだまだ圧倒的に「横派」が主流です。

カメラも、テレビモニターも、そしてパソコンのモニターだって、「横長」が基本ですからね。

ですが、最近は、InstagramやC ChannelなどのSNSを中心に、真四角の動画が増えてきています。

また、

 

デジタルサイネージ(デジタルの写真や動画の広告)では、縦型のディスプレイも増えてますね。

ですので、もしかすると、近い将来には、「縦型テレビ」なんてのも、出てくるかもしれません。

しかし…

やはりまだまだ、動画の世界では、「横長」が基本です。

YouTubeやニコ生、そして多くの編集ソフトも「横長」で作るようになってますからね。

映画もやっぱり「横長」です。

ですので、特定のサイトに投稿するのでなければ、動画は必ず「横長」で撮ってくださいね。

実際、真四角でシェアされている動画も、撮影編集するときは横長のサイズで、あとで左右を切り取っているんです。

縦長に撮ったものは、なかなか上下を切り取って使うというのは、難しいですからね…

そして、このときに一番大事なのは、水平になっているか気をつけて撮ること。

特に動画は、画面が傾いていると、見る人が不安になってしまいますから。

「斜め」の画面が許されるのは、若い女の子の自撮り写真だけですよ(笑)

あなたがもし「縦派」あるいは「斜め派」だったなら…

今日からは、動画を撮るときだけは、ぜひ「横派」になってくださいね♥

ではでは、また!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
sato_anna@personalitv.com