PersonaliTV®︎

個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援する

[メルマガ] 動画で「してはいけないこと」とは…

19 views
約6分

こんにちは!

個人事業主/起業家の皆さんを動画で応援するPersonaliTV、
映像ディレクターの佐藤安南です。

いま私は、お引き受けした動画編集の真っ最中です。

 

楽しいけど、大変!

大変だけど、楽しい!

仕事って、大変さと楽しさのループですね…(^^;)

でも、

 

出来上がった作品をご覧いただいて、「ありがとうございます」の言葉を頂戴するとき、
本当に、生きててよかったなあ〜と思うんですよね。

頑張りますっ!!!

さて、

私が動画制作をお引き受けする時に、時々、こんなご相談を受けることがあります。

「以前、テレビの取材を受けたんですが、その映像を使うことはできますか?」

「●●の曲が好きなので、この曲を使ってもらいたいんですが…?」

 

はい、大丈夫です(^^)

莫大なお金を払えば(爆)

もうお分かりですよね。

テレビ番組の映像や、有名な曲を使うことは、可能です。

 

「著作権料」を払えば。

 

テレビ番組やCMで、有名曲をたくさん使えるのは、JASRACに多額の著作権料を支払っているからです。

それも、単にお金を払えばいいというものではなく、あれこれと、事細かな決まりがあるんですね。

放映期間はどのくらいかとか、再放送は何回かとか…

また、過去の番組なんかを二次使用する時にも、とってもめんどくさい手続きを踏まなければなりません。

当然、使用料がかかります。

時には、一秒ン万円なんてことも!!!

 

以前、

 

貴重な研究の資料映像をお借りした時には、番組の趣旨を説明するお手紙を書いて許可を得た上に

なんと、

1秒1万円というお金を払いました…

結局この時は、全部で14秒使ったのですが、最後の7秒はストップモーションにしたので、そこはタダにまけてもらいました(苦笑)

 

それから、有名タレントさんのお写真なんかも、使う時は大変です(><)

所属事務所に許可をもらったり、撮影した写真家さんの許可を得たり…

 

あーもー大変!!!…>_<…

 

という訳なので、動画を作るときには、「著作権」にひっかかるものは、使わないようにしましょうね。

 

「そんなこと常識じゃん!」

あ、いやいや、そうおっしゃらずに…

いろんな方の動画を拝見していると、

「この写真、ネットからパクってきたんじゃないの?」

「ダメダメ、その音楽使ったら!」

こういう方が、まだ結構いらっしゃるんですよ…(T_T)

 

また、

つい先日、

「テレビの取材を受けることになった」とFacebookで報告している方がいらっしゃいました。

やり取りの中で、その方が「放送されたらYouTubeにあげますね!」とおっしゃってたんですね…

ダメダメ、ダメ、ダメダメよー(>_<)

YouTubeから警告がきますよー!(>_<)

直接のお友達ではないので、コメントできず、もどかしい思いをしています…

という訳で!

動画を作るときに、「絶対にしてはいけないこと」が、3つあります。

もう一度、確認しておきましょう。

(1)誹謗中傷

(2)許可無く撮影

(3)著作権侵害

(1)誹謗中傷

これ、わざわざ動画でする人はいないでしょ…

そう思います?

いえ、最近増えてるんです(T_T)

悲しいことですが…

そのうち、Twitterみたいに、

「動画で炎上」なんてことにならないといいのですが…

動画は、人を楽しませるものですからね!

楽しい動画を作って下さいね!

 

(2)許可無く撮影

これも、ウッカリしちゃうことの一つです。

例えば…

街で偶然、嵐の櫻●くんを見かけたとします。

「きゃ〜櫻●く〜ん!!!\(≧▽≦)/動画で撮って、YouTubeにあげちゃえ!!!」

…こういうことをすると、あとがコワイですよ…(◎-◎;)

ジャ●●ズ事務所さんから、大変なお叱りを受けます…(><)

 

それ以外にも、

 

身近なところでは、お子さんの運動会の動画を公開することとか。

これ、危険です!!!(しかも、非常に多くの方がなさってます!!!)

他のお子さんの姿を、全世界に流していることになりますよ。

どこで、誰に見られているか、分かりません!!!

それ以外にも、道行く人の姿を、意味なくアップで撮るのもNG。

もしどうしても必要なら、ちゃんと一言断ってからに、しましょうね。

動画は、全世界の人が見ているということを、お忘れなく^^

 

(3)著作権侵害

これが、最初にお話ししたことですね。

勝手に、他の人の作った作品を使わないこと。

え、それじゃあ、「歌ってみた」は、著作権侵害なの???

あ、これは大丈夫なんです(^^)

YouTubeなら。

YouTubeの規約で、「コピー演奏」、いわゆるシロウトさんの演奏は、著作権を問わないということに、なったんですね♪

ですので、コピーバンドのライブ映像は、YouTubeになら、安心してアップロードできますよ♪

ですが、演奏があまりにも上手だと、本家のミュージシャンと間違われることもあります(^^;)

これ、ホントの話です。

 

ウチの夫が学生時代に組んでたバンドの演奏を、つい先日アップロードしたら、あまりにも本家そっくりにコピーしていたので、YouTubeから、警告がきました(爆)

あまり上手すぎるのも、考えものですね(笑)

…というわけで、動画を作る時は、「清く正しく」を、心がけて下さいね!

いまは、著作権フリー(「ロイヤリティーフリー」ともいいます)の写真や音楽、動画がたくさん公開されています。

無料のモノも、結構あります。

YouTubeにも、自由に使える音楽がたくさんありますよ^^

お困りになったら、いつでもご相談に乗りますので、遠慮なくご連絡くださいね♪

ではでは、また!!!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
sato_anna@personalitv.com