こんにちは!

個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援するPersonaliTV、
映像ディレクターの佐藤安南です。

毎日、本当に寒いですね~!

私は超寒がりなので、
ヤフオクでゲットした
モコモコのムートンに身を包み、
まるで熊のようになって外出してます(笑)

グレーのベレー帽をかぶった
茶色のモコモコ熊が街を歩いていたら
「あっ、佐藤安南だ!」と思ってください(爆)

ともあれ、足腰を冷やすのは
美容にも健康にも、そして動画にもよくありません!

動画によくないという理由は…

撮影に必要なフットワークが、
重くなるからです!

 

これホント、切実な問題ですよ…

とにかく、心身共にあったかーくして、まいりましょう!

さてさて、今日のお題は、

【「顔出しNG」な場合の動画の作り方は?】です。

先日、セミナーにご参加くださった方から、
こんなご質問をいただきました。

「動画の中で写真を使うのですが、
『顔出しNG』の方がいるときは、どうすればよいのですか?」

うんうん、こういうことって、ありますよね~。

セミナー、お茶会、
集合写真を撮る機会って、
結構あると思います。

あなた自身のビジネスのアピールにもなりますから、

お客様と一緒のお写真や、
お客様のご感想動画は、
積極的に、撮っておきたいモノ。

私は結構忘れちゃって、苦労してますが(>_<)

でも、後で動画を作りたいというときになって
「やっぱり、顔出しNGで…」
こう言われることって、あるんですよね。

これは、しかたありません。

Facebookでシェアしたときはよくても、
動画になると、やっぱり出たくないとか…

気が変わってしまったとか…

いろいろ、ご事情がありますからね。

簡単な方法は、よくご存知のように、お顔を、隠すことです。

ハートマークなどでお顔を隠した
写真の投稿がありますよね。

アレと同じです。

LINE Cameraなどの「写真加工アプリ」を使って、
あらかじめ、映りたくない方のお顔を隠しておけば、よいのです。

ただし!
ちょっとだけ、注意が必要です。

ブログやSNSなどに投稿する写真では、
ハートマークでお顔を隠していても…

それが、動画になったとき、
違和感なく使えるかどうか、
気をつけて欲しいんですね。

あなたの作る動画が、
全体として「ハートマーク」な雰囲気(笑)だったら、使ってもOK。

ですが、

ものすごーくシリアスな作りだったり、

とても「オトコらしい」、
パワーに満ちたイメージの動画を目指しているのだったら…

いきなり「ハートマーク」で
お顔が隠された写真が出てくると、

見ている人は
ガクッと気持ちが削がれてしまいます(^^;)

いちばん無難なのは、「ぼかし」とか「モザイク」の加工ですね。

それも、うっすらと、
周囲との境界がわからないような感じで
加工するのが、使いやすいですよ。

最近は、画像加工アプリでも
ぼかしが出来るモノが、アレコレ出ています。

モザイク加工でよく使われているのは、
「Skitch」だと思いますね。
私も、ときどき使っています。

残念ながら、Android版や、Windows版は
3年前に終わってしまったので…

こういうアプリも出ています。
http://ja.screenpresso.com/ja/

ただし!

「ぼかし」「モザイク」など、
お顔を隠す加工は、
本来なら、できる限り使わないのが理想です。

何か隠さなければならないことがある…と、
見る人に伝えてしまうことに
なりますからね。

ですので、
一番お勧めの対応は

潔く、その写真を使うのは、
諦める!!!

身もふたもないじゃないかと言われそうですが…

でも、この「諦める」という決断、
とても、大事です。

・本当に、その写真がないと、伝えられないのか?

・他に、代わりとなる写真はないか?

・シナリオそのものを、見直したほうがよいのでは?

画像を加工しようとする前に、
できることはないか、考えてみることが、とても大事ですよ。

困ったときには、
こちらで、いつでも相談に乗りますよ。
https://personalitv.com/consulting/honkidedouga/

ではでは、
素敵な3連休をお過ごしくださいね!

24時間いつでも何でも質問OK!あなたの動画の駆け込み寺
【グループコンサル・本気で動画研究会】
http://personalitv.com/consulting/honkidedouga/

まだまだ優待価格!このDVDだけで「本当に売れる」動画が作れます!
【プロが教える「本当に売れる」iPHone動画制作セミナー】
http://personalitv.com/products/dvdiphone/