こんにちは!
個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援するPersonaliTV、
映像ディレクターの佐藤安南です。

8月に入って、
台風の連続攻撃ですね…

お住まいの地域は大丈夫ですか?

くれぐれも
「台風のライブ配信!」なんて
張り切らないように
してくださいね…

個人事業主の動画は
「安全第一・平和第一」ですから!!

さて私、
先週末の10日まで、
立て続けに3つ、
動画編集に没頭しておりまして…

そんな訳で、
メルマガもちょっとお休みを
いただいておりましたm(_ _)m

編集した動画のうちの2つは、
ボランティアで協力している
発達特性を理解する人形劇
「星と虹色な子どもたち」の新作。

今回も、撮影・編集だけでなく
「声優」としても
活躍しましたよ。

しかも、まさかの5役目…
新キャラを演じています。

【星と虹色な子どもたち・レッドくんレインボークリニックにやってくる】
https://youtu.be/13WsOsuBJOg

こちらの動画では、
私が1人で2役やっています。
自分でも別人と思うくらい
なりきっています(笑)

ぜひご覧になってみてください^^

さてさて、前置きが長くなりました。

今日のお題は
【撮りっぱなしでも確実に「売れる」動画にする秘訣とは?】です

このところ、
FBやInstagramで、
ライブ動画を目にすることが
本当に多くなりましたよね。

特に先月末からは、
花火大会や夏祭りなど、
賑やかな様子のライブ配信を
多く見かけました。

また、ご自身のPRとして
精力的にライブ配信を
なさっている方も増えています。

うーん、いいことです^^
動画の時代ですね~!!!

でも、私、
編集モードに入ってしまうと
なかなかSNSを
見なくなってしまうので…

休憩中にちょっと確認すると、

「あっ、あの人ライブやってたんだ!」

「しまった!生徒さんのライブ見逃した…orz」

「ああ~、見たかったよ~(TT)」

という、残念なことが数多く起こります…

で、気を取り直して、
そのライブ配信された後の
「録画」を
見るわけですが…

いくつかその「録画」を見ていて、
ふと、気づきました。

「録画を見ても楽しめるもの」と

「録画だとつまらなくなってしまうもの」

この、2種類があるんですよね。

一体、この違いは
どこから起きるのでしょうか???

答えは…

「構成があるかないか」です。

そうなんです。

構成があるかないかで
「録画」した後の印象が
ガラリと変わってしまうんです。

ライブ配信の最大の魅力は、
リアルタイムで
見ている人とやり取りできる
ワクワク感。

ですから、
配信する側も、
ワクワクドキドキしてます。

その「ワクワクドキドキ」を
引きずったまま、
ただ、漫然と話をしている
ライブ配信は…

リアルで見ているときは
仲間内でキャッキャッと
楽しめるのですけれど、

終わったあと
それを録画で見ると

「仲間に入れない~」という
疎外感やら

「結局何を言いたいのか分からない」という
意味不明感(苦笑)やら

そういうモヤモヤだけが、
見た後に残るんですよね…。

で、結局、
「ああ、ライブやってたんだな~」という
うっすらとした印象しか
残りません。

これって、
とってもモッタイナイ!!!

一方、
ワクワクドキドキしながらも、
ちゃんと「構成」が練られた
ライブ配信は…

「おお、盛り上がってたんだなあ」

「なるほど、勉強になるなあ」

…という風に、
「録画」であっても、
ライブで一緒に参加したような
満足感を得られるのですよね。

そして、

「次は絶対、この人の動画はライブで見たい!」

こんな風にも、思わせてくれるんです。

つまり、
ライブ配信であっても、、

いや、ライブ配信だからこそ、

「構成」が
とっても大事になる、
ということです。

せっかく、
多くの見込み客の方々が
見て下さるのですから、

「撮りっぱなし」でも
何度も繰り返し使えて、
「売れる」コンテンツにしたほうが
お得ですよね?

ライブでも録画でも、
ファンをつかんで離さない
「売れる」動画にするために、

次にライブ配信するときは、
ぜひ「構成」を練ってから
カメラの前に立つように
してくださいね。

こうした
「ライブ配信を売れるコンテンツにする秘訣」、
実は、現在開講している
「ライブ動画完全マスター講座」で
受講生さんに、じっくりお伝えしています。

現在、第3期の終盤にさしかかりました。

来月から、
「第4期」を募集する予定です。

募集時期は、
このメルマガで先行してお知らせしますので、
もうしばらく、お待ちくださいね。

ではでは、また!