こんにちは!
個人事業主・起業家皆さんを動画で応援するPersonaliTV、
映像ディレクタ佐藤安南です

またまた西日本ほうでは
台風で大変な状況だったようですね…

お近くや

お知り合い、ご親戚は
大丈夫でしたか?

ここ数年、
台風被害がますます酷くなっているようで、
本当に心が痛みます…

さて、ちょっと前です
7/31に行った
「Rush & iMovie使い方セミナー」。

ご参加くださった
セラピスト上田正敏さんが、
ご自身ブログで
素敵なご感想を書いてくださいました!

動画セミナーへ@PersonaliTV】
https://bit.ly/31LQapB

一部、抜粋してご紹介しますね。

ーーーー

動画師匠である佐藤安南さん動画セミナーへ。
新しい情報をキャッチアップしていないと動画分野は変化が早いですからね。

ソフトで、こんなことできるんだよ!

という情報はとても有り難いです
できることがわかれば、調べられますから。

彼女自身はテレビ番組を作る映像ディレクターさんですから、難しいことまで知っているしできる人。

でも、誰でもできるに焦点をあてているから、こんなすごいことが、こんなに簡単にできるよという視点がいいです

機材、ソフト、アプリが高機能で安価になってきたで、映像を誰でも作れる時代がきています。
TikTokなんかもスマホだけでできますからね。

だからこそ、センスが大事なだと思っています。

センスはどうすれば身につくかといえば、センスがある人にいればいいです

後をずっと追いかけていたらストーカーになっちゃうんで、
実際には、そ人が作った作品を見たり、本やブログなどを読んだり、
映像だけではなく美しいもを見ることだったり聞くことだったりすることが
センスを磨くことにつながると思っています。
——–

「センスを身につけるためには、センスがある人側にいればいい

言葉、
グラフィック師匠が
おっしゃっていたことと
まったく同じで、
何度も大きくうなずいてしまいました。

もちろん、生まれながらに
天才的なセンスがある人もいます。

でも、ほとんど場合、
センスは後から身につけられるモノ。

ためには、
やはり「本物」に
触れ続けることが
とっても大事なんですよね。

上田さん、ありがとうございますm(_ _)m

さてさて、今日お題は
【動くなら止まれ、止まるなら動け!】です

一体、何ことやらと
思われるかもしれませんが…

今回から数回、
「撮影」に関わるお話を
していこうと思います。

ご存知かもしれませんが、
動画撮影には、
「これだけは外しちゃダメ!」という
鉄則があります。

「鉄則」をいくつか
ご紹介していきたいと思います。

で、そ鉄則最初が…

【動くなら止まれ、止まるなら動け!】。

つまり、

1)動いているモノは、カメラを止めて撮影する

2)止まっているモノは、カメラを動かして撮影する

ということです

例えば、

1)動いているモノは、カメラを止めて撮影する

これは、

・料理作り方手順

・流れる雲撮影

・しゃべっている人

こんな風に、
撮影する対象が動いていて、
経過を見せたいも場合です

こういうときは、
カメラをしっかり固定して、
対象動きが安定して見えるように
撮影することが大事なんです

一方、

2)止まっているモノは、カメラを動かして撮影する

・出来上がった料理

・高層ビルやタワー

・仁王立ちBになっている人

こんな風に、
対象がとどまっていて、
特徴をしっかり見せたいときは
カメラ方が動いていくと
効果的なんですね。

また、カメラを動かすことで

・大きな建物右横にある小さな店

とか

・大勢聴衆が見つめる先にいるは、あ人気講師

とか

こういう、
位置関係や、人興味方向などを
カメラ動きで表すことができます。

ただ、こうしたカメラ動き
「カメラワーク」は、
いきなり覚えるは難しいで…

個人事業主のみなさん
まず守っていただきたいは、

1)動いているモノは、カメラを止めて撮影する

鉄則。

これは、とっても簡単。
カメラやスマホを三脚で固定する、
ただ、それだけです

でも意外と、
「三脚で固定する」ことを
面倒くさがってしまう方が
多いですよね…

まだ三脚をお持ちでないなら、
ダマされたと思って(笑)、
三脚を買って、使ってみてください。

まずは、100円ショップ
スマホホルダーでも構いません。

今まで、手持ちでブルブル震えていた画面が、
三脚を使うと、
それだけで、安定してスッキリと、
見やすい画面になるが分かるはずです

また、
ジュエリーやアートフラワーなど
作品作りをお仕事になさっているなら…

作品を動かして撮ってみましょう!

カメラは三脚で固定したまま、
「回転台」を使って、
作品をゆっくり回しながら撮影するです

これだけで、
作品全体像がわかり、
まるでプロが撮ったような
動画になりますよ!

回転台は、高価なもでなくてもOK。
製菓用回転台とかが
ホームセンターなどで安価に売っています。
イケアにも木製回転台がありましたよ^^

…というわけで、
撮影鉄則・そ1は
【動くなら止まれ、止まるなら動け!】

まずは
「しっかりカメラを固定して撮る」ことを
心がけてくださいね。

次回は
撮影鉄則・そ2をお伝えしますね。

ではでは、また!