PersonaliTV®︎

個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援する

[メルマガ] 動画の照明、ただ明るくすればイイってもんじゃない…じゃあどうする?

33 views
約7分
[メルマガ] 動画の照明、ただ明るくすればイイってもんじゃない…じゃあどうする?

個人事業主と起業家皆さんを動画で応援するPersonaliTV、
映像ディレクタ佐藤安南です

本当は先週金曜日に、
「MacBookPro開封儀」を
厳かに執り行う予定で、

報告をメルマガで
するはずだったですが…

アクシデントが重なって
気持ちがガックリ折れてしまい、

メルマガも、自分自身も
お休みしてしまいましたm(_ _)m

しかし!

私は、
超ゴキゲンです!!!

なぜなら、
3か月近く待った、
インターネット光回線が
ようやく開通したからです

ハッキリ言って、
爆速です!!!!
メチャメチャ早い!!!

私は、
zoomで個別セッションを
必ず録画して、
あとYouTube限定公開で
アップロードしているですが、

今まで、ひどいときは
1時間動画に30分くらい
かかることもあったに、

1時間から1時間半動画が、
動画タイトルを書いている
ほん僅かな間に、
たちまちアップロード完了!!!

クライアントさんへ
動画送付も、
メールを書いている間に
サクッと完了!!!

スゴいぞ、光回線!!!

あなたがもし、
zoomやライブ配信で
不具合を感じているなら、

ネット回線を見直すことを
強くオススメしますよ。
いや~、本当に快適ですから。

あまりにもゴキゲンな
必要も無いに、
何かアップロードできる動画はないかと
探している私です(笑)

前置きはこれくらいにしまして…

さっそく、今日お題にまいりましょう。

動画照明、ただ明るくすればイイってもんじゃない…じゃあどうする?】です

先週お届けしたメルマガでは、

「音が大事ですよー」という
お話をしました。

1)マイク・音響機器

2)ライト

3)カメラ

順番で、考えていくと、
お金無駄なく、
スムーズに、
動画質を、アップできますよ、と
お伝えしたんでしたね。

というわけで今回は、

2)ライト

照明お話をしたいと思います。

照明についても、
特にこ1,2年で、
多く意識が
だいぶ変わってきました。

私が起業した7年前は

「ライトを使いましょう!」

こういうことを言うだけで、
皆さん「へえ~!!」と
驚かれたモノです

しかし今では、

「どライトを使うといいですか?」

「1つだけじゃ足りませんか?」

「もっと大きなライトを使うべきですか?」

こういうご質問が
当たり前ように来るように
なりました。

動画やライブ配信が、
それだけ多く方にとって
身近になったという証拠ですね。

嬉しいことです^^

特にこ2、3年ほどで
急速に広まってきたが、
「リングライト」と言われる照明。

はい、そ通り、
リング状になっているライトです

例えば、こんなモノですね。
https://amzn.to/2E20O5w

リングライト人気
発端となったが、
LPL「ビューティーリングライト」です

いや~、バカでかくてお値段も張るで、
個人で使うはちょっと..と思いますが、
一応、私は持ってます(笑)
仕事ですからね。
https://amzn.to/35DjHav

3年前までは、
こちらをオススメしてたですが…
https://amzn.to/33qh0WW

いやもちろん、現役で私も使ってますよ。
zoomセッションくらいなら、かなり便利です
もし、何もライトを持っていないなら
まず、こちらをオススメしますよ。
お値段も可愛いですしね(笑)

ともかく….

「リングライト」、
人気になった理由1つが、
方向をあまり考えなくても
正面から均一に、明るくできること。

ライトに「ビューティ」って
名前をつけたくらいですからね。
特に、女性顔をキレイにするように
考えられているんですよね。

また、輪真ん中に
スマホやカメラをセットできるで、
場所を取らないという
人気が出た理由です

ただ、こライトにも、欠点が。

「明るくなりすぎる」んですよねえ。

しかも、リングなで…

私、最近メガネをよくかけているんですが、
メガネにライト輪っかが
映っちゃうんですよ(>_<)

それに、
全体にペカーッと
光が真正面から当たるで、

どうしても、
顔がっぺりと映りがち…。

まあ、シワを飛ばしたいとか
そういうニーズにはピッタリなですが、
やや深みに欠けるという点も
あるんですねえ。

あ、もちろん、
基本的には、
明るくすることは、
とても大事です

しかし、
明るさばかりを追い求めていると、
見落としてしまうモノがあります。

それは…

「影」です

そう、
光があれば、
かならず影があるんですねえ。

ライトを明るくすればするほど、
影も、濃く強くなるんですよ。

前も、
「ライブ動画完全マスター講座第5期」で
受講生さんから質問で

「背景に影が出てしまうんですが…?」
という質問をいただいたばかりです

顔は明るく映したい!
でも、背景影は消したい!

さあ、どうするか。

簡単な解決策は、3つあります。

1つは、
背景から、
あなた自身が、離れること。

そう、
壁など背景に近づいているから、
影が映るんですよね。

壁から離れれば
影が映ることはありません。

でも、お部屋広さ関係で
壁から離れられないときも
ありますよね…

そこで、解決策2番目。
「明かりを和らげる」ことです

不織布とか、
薄手白い布などを
ライトにかぶせてしまうんです

こうすれば、
方向が散乱するで、
影も薄まります。
当然、光は少し弱くなりますが…

でも、こうすることで、
顔が真っ白くなりすぎるという
リングライト欠点を
補うこともできますよ。

ライトを少し離すことでも
光が和らぐで、
影もやわらかく、薄くなります。

そして、解決策3つ目が…

もう一つ、
ライトを足すことです

ただ、ライト数が増えてくると
角度を変えたり、
明るさ調整をしたりと
ちょっと高度になってきますね。

ともかく…

ライトは、とても大事です

ですが、ただ単に
明るければいいってもんじゃ
ありません。

光をあてれば、
必ず、影ができます。

プロカメラマンになってくると、
「影」も上手くいかして
印影ある撮影を
してくれるんですが…

別にそこまで
プロ技を追求しなくても
大丈夫です

気をつけて欲しいは、次3点。

・明る過ぎると、顔がっぺり映りがち

・明るくすれば影ができると知る

・背景に影が映らないように工夫する

これらことに気をつけて、
あなたの動画にふさわしいライトを
選んでみてくださいね。

「種類がたくさんありすぎて、
ライトを選べばいいか分からない!」

そういうときは、
遠慮なく、私に相談してください!
https://55auto.biz/personalitv/touroku/PRECON_ord.htm

ではでは、また!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
sato_anna@personalitv.com