PersonaliTV®︎

個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援する

どちらがオススメ?ショート or クリップ・その③:ショートのメリットとデメリット

views
約8分
どちらがオススメ?ショート or クリップ・その③:ショートのメリットとデメリット

こんばんは!
個人事業主/起業家の皆さんを動画で応援するPersonaliTV、
映像ディレクターの佐藤安南です。

今日のお昼、
急に思い立って、
Facebookで15分ほど、
ライブ配信をやりました。
https://www.facebook.com/anna.sato2/videos/468060062060864

実は、ここ1か月くらいの間、
「なんかFacebookが変だ」と
あちこちから、
声が聞こえてきまして…。

特に、
Facebookでのライブ配信に
不具合が起きている模様。

とある方は、
グループで配信しようと思ったのに、
なぜか、ご自身のプロフィール(タイムライン)で
ライブが流れてしまっていたり。

つい最近では、
「ライブ動画完全マスター講座第9期」の
メンバーさんから、立て続けに、

「StreamYardから配信しようとすると、
 なぜか『非公開』になってしまう」という
お困りの声が届きまして。

こりゃ、1度検証せねば…

そういうわけで、
急遽、何のテーマもないまま、
検証のライブ配信をしたわけです。

で、どうやら、
原因が見えてきました…

つい最近始まった、
Facebookの
「プロフェッショナルモード」。

これが、
投稿やライブ配信の公開設定に
影響を及ぼしているようなんですよね。

もー、
FacebookがMetaに変わってから、
メタメタ面倒くさいやんけ!
(オヤジギャグでスミマセン)

この
「プロフェッショナルモード」と
ライブ配信の関係については、
近いうちに検証してみたいと思います。
続報をお待ち下さいね~。

ではでは、お待たせしました。
今回のお題にまいりましょう。

【どちらがオススメ?ショート or クリップ・その③:ショートのメリットとデメリット】です。

前回から、
YouTubeの比較的新しい機能、
「ショート」と「クリップ」について
お話をしています。

(バックナンバーはこちらからどうぞ!↓↓↓)
https://abfll.biz/brd/BackNumber.htm?acc=personalitv&bid=3

今回は、
YouTubeショートの
メリット&デメリットについて
まとめてみたいと思います。

■YouTubeショートのメリット3つ

メリット1:再生回数・登録者数が一気に増加しやすい
メリット2:YouTubeの超初心者でも取り組みやすい
メリット3:有名なBGMを使える

順番に説明していきますね。

・ショートのメリット1:
 再生回数・登録者数が一気に増加しやすい

YouTubeショートは、
「ショートフィード」という
ショート動画専用の画面から
見られることがほとんどです。

この「ショートフィード」には、
新しい動画が
どんどん入って来るので、

アップロードした途端に、
すぐ、再生回数が上がります。

ちなみに、
前回のメルマガで
作例としてお見せしたこちらですが、
(画面をクリックすると動画に飛びます)

YYouTubeショート_モモンガ博士とのライブ対談

アップロードしてから
5時間も経たないうちに、
一気に100回以上、
再生されていました。

YouTubeショート24時間以内の視聴回数変化

そのほとんどが、
「ショートフィード」からの
視聴です。

1分以内の短い動画が
次から次へと流れてくるので、
気軽に見られるんでしょうね。

また、前々回のメルマガで
「低評価も付きやすい」という
お話をしたかと思うのですが、

気軽に評価をつけやすいということは、
「気軽に登録もしてもらいやすい」と
いうことです。

実際、YouTubeショートは
チャンネル登録者が増えやすいとも
言われています。

・ショートのメリット2:
 YouTubeの超初心者でも取り組みやすい

YouTubeショートは、
スマホのアプリから
すぐに作ることができます。

特に、
これまでまったくYouTubeに
投稿をしたことがないという
超超初心者さんにとっては、

InstagramやTwitter、
Facebookのストーリーなどの
SNS投稿と同じ感覚で
動画を作ることができるので、

動画投稿に対するハードルが
グーンと下がりますね。

すでに、
YouTubeショートだけで
多くの登録者を獲得している方も
いるそうですよ。

・ショートのメリット3:
 有名なBGMを使える

実はこれ、地味ですが、
とてもいい機能だと
思うんですよね~。

大好きなアーティストがいる!
お気に入りの曲がある!
自分のテーマソングにしたい!

でも、著作権があるから
使えない…

そういう問題を
クリアしてくれるのが
YouTubeショート動画の
いいところ。

前々回ご紹介した、
限定公開の私のショートでも
アヴィーチーの曲を
使ってます♪
(画面をクリックすると動画に飛びます)

初めてのYouTubeショートサムネイル

おそらくこれって
TikTokに対抗していると
思うんですが(笑)

15秒という制限はありますが、
有名な曲を使えるのは、
動画に大きなインパクトを
与えてくれます。

では続いて、デメリットも…。

■YouTubeショートのデメリット3つ

デメリット1:ターゲットとズレる可能性がある
デメリット2:コンテンツが「資産」として残りにくい
デメリット3:本来のビジネスに繋がりにくい

・ショートのデメリット1:
 ターゲットとズレる可能性がある

YouTubeショートで
一番問題になるのがコレ。

自分が一番見て欲しい
「見込み客」の視聴者に
届かない可能性が、高いんです。

今瀬さんが
お客さんにしたいターゲットは
どんな方々でしょうか?

10代~20代前半の若者、
30代くらいまでの男性、

こういう方々がターゲットなら、
YouTubeショートは
合っているかもしれません。

特に10代の若年層は
長い動画を滅多に見ません。

ですので、
ショート動画ばかり
見ている可能性があります。

また、
YouTubeショートを見ているのは
男性のほうが多いんですね。

実際、私の公開したショートも
視聴者層は、ほぼ男性でした。

YouTubeショート視聴男女比

そして、
短い動画が好きな人は、
たいていの場合、
「暇つぶし」で
見ていることが多いんですよね。

でも、もし、
今瀬さんが
お相手したいと思っている
「見込み客」のターゲットが、
40代の女性だったら?

そして、
もっとじっくりゆっくり、
自分の人生について
考えてほしいと
思っていたら?

そうなると、
今瀬さんが
本当に見て欲しいという方には、
なかなかアプローチできない、
そういう可能性が大きいんです。

デメリット2:
コンテンツが「資産」として残りにくい

先にお伝えしたように、
YouTubeショートは、
「ショートフィード」から
流れてくる動画を
見る人がほとんどです。

検索して見てくれる人は
現時点では、
ほとんどいません。

通常のYouTubeですと、
見た動画のチャンネルから
さらに他の動画を見るという
流れが結構ありますが、

ショートの場合は、
どんどん他の人の動画が
流れてくるので、

なかなか、
「この人の動画を
続けて見よう」という行動には、
つながりにくいんです。

ブログ記事や
通常のYouTubde動画は、
発信したことが蓄積されて
一覧で残るイメージですが、

YouTubeショートは、
そのとき思いついたことを
どんどん流していくイメージ。
TwitterとかTikTokに
近いですね。

そうなると、
YouTubeショートは、
従来のYouTube動画に比べると、
「情報資産」としての価値は
低いかもしれません。

ショートのデメリット3:
本来のビジネスに繋がりにくい

そう、
今瀬さんのような
個人事業主にとっては、
ここが、一番問題なんです。

今瀬さんが、
純粋にYouTuberを目指していたり、

または、
10代~20代の若年層に
幅広くアプローチしたいなら
話は別なんですが、

「YouTubeを通じて来店してもらいたい」
「自分の世界観をじっくり伝えたい」
「ホームページへのアクセスを狙いたい」

こういう場合には、
ショートからの流入は、
まず無理と思ったほうがいいでしょう。

なぜなら、
YouTubeショートは、
どんどんスワイプされて
次の動画に移ることが
ほとんどなので、

今瀬さんが伝えたい
「概要欄」を見てくれる人は
他のYouTube動画よりも
もっとずっと、少ないからです。

そもそも、15秒~数十秒の
短い動画で、
ビジネス系の情報を伝えるのは
かなり、無理がありますよね。

また、先にもお伝えしたように、
ショートを見ている層は
10代~20代の若年層、
そして30代くらいまでの
男性が多いんです。

そもそも、
今瀬さんのターゲットに
視聴者層が合っていなければ、
いくらショート動画でバズっても
意味はありませんよね。

…というわけで、
YouTubeショートの
メリット&デメリットについて
お伝えしてきました。

「バズりやすい!」
「登録者が一気に増える!」

こんな風に、今、
メチャもてはやされている
YouTubeショートですが、

・ターゲットがミドル~シニア層

・ターゲットが女性

・すでにYouTubeの動画をある程度作っている

・しっかり内容を伝えたい

今瀬さんが、
上記のような条件に
あてはまるのでしたら、

焦ってYouTubeショートに
手を出さなくても
いいんじゃないかな…と
私は思いますよ。

逆に、

・これから本格的にYouTuberを目指したい!

・若い子たちに幅広くアプローチしたい!

・働き盛りの30代男性に伝えたい!

・毎日アップしていける!

今瀬さんが、
こういうふうに思っているなら、
迷わずYouTubeショートを
今すぐ始めるべきだと、思います^^

そして、
YouTubeショートを作るとき
もっとも大事なことは…

やっぱり、
「構成」です。

スマホアプリで
簡単に作れることは、
作り手側にとっては
「楽」かもしれませんが、

見る側にとって
「楽しい」動画になるとは
限りません。

ショートでバズっている動画、
人気のある動画は、
通常のYouTube動画以上に、
しっかり撮影して、
丁寧に編集をしていますよ。

短い動画だからといって
作りやすいワケじゃ
ないんですよね~。

ショートでも、そうでなくても、
やっぱり動画の基本は、
同じなんですよ。

次回は、
「YouTubeクリップ」の
メリットとデメリットについて
お伝えしますね。

ではでは、また!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
sato_anna@personalitv.com