PersonaliTV®︎

個人事業主・起業家の皆さんを動画で応援する

[メルマガ] 『ドラゴン桜』に学ぶ動画の作り方のキモ2

38 views
約5分
[メルマガ] 『ドラゴン桜』に学ぶ動画の作り方のキモ2

こんばんは!
個人事業/起業皆さん動画応援するPersonaliTV
映像ディレクター佐藤安南す。

3度目緊急事態宣言が出た
東京すが、

うーん、私見た範囲は、
何だか全然変わってないな~。

あなたお住まい地域
いかがすか?

ともかく、今は辛抱とき。

際、動画作りに
ガチ取り組んみるとか、
StayHome時間
ぜひぜひ、気分転換とスキルアップに
有効活用してみてくださいね。

あ、まだお読みになっていないなら、
ぜひ読んみてください。

【スマホらくらく!見る人心に刺さる「プロフ動画作り方9日間無料メールセミナー】
https://personalitv.com/9daysmail/

前、ママ友2人に勧めたら、
さっそく素敵な動画
サクッと作ってくださいましたよ!

は、
本日お題にまいりましょう。

『ドラゴン桜』に学ぶ動画作り方キモ2す。

25日(日)に
ドラマ第1回が
放送されましたね~。

原作マンガとは
異なる部分もありましたし、

「えっ、こ人があ役?」という
個人的には意外なキャスティングも
ありましたが…

阿部寛さんが
またまたイイ味出してくれそう
続きが楽しみす。

さて、前回に引き続き、
今日も「ドラゴン桜」から
動画作り方キモ
お伝えします。

前回は、

・論理力大切さ

・客観的に自分把握する

・SNS法などプレゼン手法

などなど、
動画作りにも大事な要素が
マンガ伝えられていると
お話しました。

今日は、もうちょっと突っ込ん

「東大入試」に詰まっている
「分かりやすい動画作る」要素について
お伝えします。

ええっ?
東大入試と動画作り?
関係が?

いやコレがすね、
実は大きな共通点が
あるんすよねえ。

そして、私が『ドラゴン桜』読ん
「おお、こ作者は分かっている」と
思ったも、
点なんす。

それは…

「細かいところにこだわらず、
大まかな流れ把握大事にする

コレす。

実は、東大入試って、
細かな知識問うモノは少なくて、

「全体大筋」とか
「論理流れ」
いかに分かりやすく説明する
重視しているんすよね。

巻だったか忘れちゃったすが、
早稲田や関学と入試問題と
東大入試問題
比較しているところがあります。

そこ語られているは、

早稲田や関学は、記憶力問われる。
細かくて正確な知識が必要。

も、東大入試は違う。
細かな知識が無くても
大筋流れが分かっていればOK!

ウンウン、まさに、そ通り!

そうなんすよ、
東大入試って、
細かな知識量は問われないんす。

考えられているような
「知識詰め込み」結果計る
モノじゃないんすね。

それよりも、
全体流れ分かっているか、
それ説得力ある形伝えられるか、
そういうことほうが重要なんす。

だから、マンガとはいえ、
『ドラゴン桜』逆転合格劇も
説得力があるんすよねえ。

実際、早稲田には落ちて、
東大には受かったっていう人、
結構多いンすよ。

あ、私も、受験とき、
早稲田過去問見て
「あ、こりゃ無理だ」と思いましたし。

忘れっぽいけど、
ストーリー作るは得意という
ザックリとした私には
ピッタリ入試だったんすよねえ(笑)

それはともかく、
なぜ東大入試
「大筋流れが分かっていればOK」が
動画と関わりがあるか?

それはすね、

動画がそういうもだから(爆)

つまり、
動画というは、
ザックリと内容感じさせ、
分からせるモノ。


細かくて詳しい説明は
必要ないんす。

むしろ、あまりにも細かく、
詳しく説明し過ぎると、
見る人は飽きちゃいます。

それよりも、
大筋流れしっかり作って、
余計なことはドンドン削って、
「ここが大事!」というポイント
絞り込むことが必要なんすね。

動画作り過程も、
同じことが言えますよ。

カメラ操作知識とか、
編集ソフトに超詳しくなることとか、
パソコンスペックにこだわるとか、

ええ、もちろん、
そういう知識やスキルがあることは
動画作りには役立ちます。

も、そういう細かい知識より
もっと大切なことがあります。

それは、
「何伝えたいか」
「何が一番大事なか」
ここ極限ま削ぎ落として、
分かりやすく構成すること。

50万以上する高いカメラ
こだわって撮影した動画より、
スマホ一つササッと作った
簡単な動画ほうが
分かりやすくて面白い。

そういうことが、
実際にあるんす。

というわけ

今からあなたに
東大入試受けて下さいとは
言いませんが(笑)、

動画なら、
いつも、いつからも、
取り組めますよね!

細かな知識よりも、
まずは、話筋道立てて伝える
構成力!

ここ、大事にしていきましょうね。

は、また!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
sato_anna@personalitv.com