こんにちは!

 

個人事業主/起業家の皆さんを動画で応援する、PersonaliTV®映像ディレクターの佐藤安南です。

 

先日、とある方から、動画制作依頼のご相談を受けました。

 

「あの…いくらで引き受けていただけますか?」

 

うーん….

 

これが実は、一番難しいんですね〜。

 

3分の動画だからいくら、2時間だからいくら、という訳にはいかないんです。

 

で、どんな動画を作りたいとお考えなのか、まずは詳しく伺いました。

 

その結果、私がお伝えしたのは….

 

「ご依頼の内容だと、だいたい30万円から40万円ですね〜」

 

「ひえーっ、そ、そんなにするんですか〜!!!???」

 

そうですよね….

 

確かに、決して安いお値段ではありませんよね(^^;)

 

だから、私も、価格をお伝えするときは、本当に心臓がバクバクします….

 

ですが、私がどれくらい準備に時間をかけるのか、撮影から編集まで、どれくらい丁寧に行うのかをご説明すると、ほとんどの方は、納得して下さいます。

 

いつもお伝えしているように、私は「映像ディレクター」です。

 

映画で言えば「監督さん」です。

 

つまり、動画全体の構成やシナリオ作り、、どういうイメージで作るか、お話になる方の表情や話し方をどう演出するか…などなど、動画制作の最初から最後までを「演出」する仕事なのです。

 

ですから、私の仕事は、依頼された方がどんな方で、どういうお仕事をしているのか、入念に調べることから始まります。

 

たいてい、その方とお目にかかったり、skypeでお話させていただいたりする前に、私は相手の方のブログやHP、facebookの記事などをしっかり見て勉強しています。

 

動画を作っていらっしゃる場合には、できる限り事前に見ておきますよ^^

 

その上で、最初のお打合せをして、どういう内容の動画をご希望なのか、じっくり伺います。

 

それから、撮影場所を考え、シナリオを作ります。

 

ご依頼の方がすでに「台本」をお持ちの場合でも、いったん私に引き取らせていただき、「撮影用」に作り直します。

 

この段階で、納得いくまで、チェックをしていただきます。

 

さらに、シナリオを作りながら、ロケハン(撮影場所の下見)も行います。

 

セミナーやライブのときは、当日いきなり会場へ…ということも多いのですが、そういうときでも、早めに会場に到着して、カメラ位置や会場の様子などを入念にチェックします。

 

撮影が終わると、もちろん編集です。 3分のものでも、ときには1週間以上かけて編集するときもあります。

 

動画の内容、どれくらい凝るかなどによって、編集にかける時間は全然違ってくるからです。

 

例えば、2時間のセミナーでも、私は何回も何回も聞き直し、必要な場所には資料をはさみこみ、重要だという箇所にはテロップを入れて分かりやすくします。

 

ときには、依頼してくださった方に、さらに資料をもらったり、補足で説明を入れたりします。

 

さらに、音楽や効果音、ときにはナレーションもしっかりと入れていきます。

 

そして出来上がったものをチェックしてもらい、修正を重ねて、ようやくできあがるんです。

 

試しに、以前「40万円」でお引き受けしたお仕事の「時給」を計算してみました。

 

そうしたら….

 

なななんと、マクドナルドのバイトとほとんど変わりませんでしたよ….(T_T)

 

学生時代の家庭教師のバイトのほうが、ずっと時給は高かったのです….

 

それでも、私は、今の仕事が大好きです。

 

ご依頼くださった方の思いをすべて受けとめて、効果的に、分かりやすく、魅力的に伝えられるように努めることが、私の使命だからです。

 

ええ、あなたの魅力を引き出すために、時給以上の成果を、バッチリ出しますよ!

 

あ、冒頭でお伝えした方からは、もちろん正式にご契約をいただきました^^

 

お見積は無料ですので、どうぞ遠慮なくご連絡くださいね!

 

ではでは、また!