このところ、
ずーーーーーっとパソコンに向かって
編集作業をし続けていたんですが、

水曜日は2時間ぶっ通しの撮影、
昨日は都内でロケハンと、

本当に久しぶりに100歩以上歩いて(!)
外の空気を吸いました!!

昨日はロケハンの最中に、
「イタリア公園」というところに
行ったんですが…

うーん、何がイタリアなんだろう…

いや、とても素敵な公園だったんですけどね(^^;)

あとで調べたら、
「日本におけるイタリア年」つーのを記念して
イタリアから送られた(!)
本格的なイタリア式庭園、なんだそうですよ。

https://www.shiba-italia-park.jp/italy/

 

でもね、この公園、
屋根のあるベンチや管理事務所、
そしてお手洗いなんかが、
一切無いんですよね~。

まあ、ベルサイユ宮殿にも
昔はトイレが無かったそうですから、
そういう所も含めてヨーロッパ風というか
「イタリア式」なのかもしれません…

でも、私はやっぱり
公園にはトイレが欲しいなあ(爆)

さてさて、
今日のお題にまいりましょう。

【小林麻耶さんのYouTubeに見る「演出」の大切さとは?】です。

2020年になってから、
芸能人やタレントが
YouTubeに参入する動きが
加速していますよね。

ソロキャンプ動画で人気が爆発した
ヒロシさんのように
独自の境地を開いている人も
いる一方で…

「YouTubeのほうが儲かる」という理由で
YouTubeをやろうというタレントさんも
少なからず、いらっしゃるようです。

もともと超有名な人が
新たにYouTubeを始めたら、
そりゃ、努力しなくたって、
登録者数も最初から多いでしょうし、

メディアもあれこれ取り上げてくれますから、
まあ、ある程度のお金にはなるでしょうね。
(ズルイよなあ~!!!)

で、タイトルにあげた
小林麻耶さんの話です。

レギュラー番組を突然降板して、
事務所からも「独立」して、

それと相前後して、
ご自身のYouTubeチャンネルで
ライブ配信をするようになった
アナウンサーの小林麻耶さん。

ご存じかもしれませんが、
あれこれと炎上していますよね。

チャンネル開設が10月27日で、
すでに登録者数が2.6万人、
話題になった「告白」の回は
再生回数187万回といいますから、

まあ、ビジネスとしては
「一応」成功したと言えるのかも
しれません。

怖いもの見たさで、
私もちょっと見て見たんですけどね…

https://youtu.be/yvAiktiLYco

もう、本当に、
ビックリしちゃいました(@_@)!!!

いやいや、何がビックリしたって…

本当に申し訳ないんですけど、
あまりにも、
質が低すぎて(>_<)

これ、本当に、
プロとして人前で喋ってた
アナウンサーさんの
チャンネルなの???

画面は歪んでるし、
顔は暗いし、
声も小さいし、

何より、ご本人が、
ずーっとスマホの画面を見てて…

本気度が、まったく感じられないんです(怒)

まあ、有名タレントのお茶の間を
のぞき見してみたいというニーズには
答えているのかもしれません。

だからこそ、
いきなり2.6万人も
登録者数がいるわけですしね。

しかし、この画面からは、
真摯に視聴者と向き合おうとか、
心を込めてコンテンツを届けようという
誠実な気持ちが、
まったく伝わってこない。

要するに、

「自分が有名人だということに甘えている画面」
なんですよね。

また、こんなことも感じました。

結局、小林麻耶さんは、
単なる「出演者」でしかなかった。

ご本人は超有名になって
それが、すべて自分の才能によるものだと
考えているのかもしれませんが、

テレビ局には、
キレイに飾り立ててくれる
メイクさんやスタイリストさんがいて、

キャスティングしてくれる
プロデューサーがいて、
演出をしてくれるディレクターがいて、

何より、
売り込みをしてくれる
事務所のマネージャーがいる。

彼女が画面の中で輝けたのは、
そういう、周りの数多くの
スタップさんたちによる
「演出」の力によるものなんですよね~。

だから、それが無くなってしまうと、
急に、ショボく酸っぱくなっちゃう(>_<)

「独立」するということは、
そういう、スタッフさんがしてくれていた
「演出」をすべて
自ら行う必要がある、ということです。

それが、まったく、できていない。
必要を感じていないということなのかな…

なんか、
「勘違いしちゃった人の末路」を見たようで、
とっても悲しくなりましたよ…

あ、でもこれ、
アナウンサーがすべて
勘違いしちゃってるという意味では
ありません!!!

これまで、セミナーやコンサルなどで
小林麻耶さんのように
アナウンサー経験をお持ちの方に
アドバイスする機会がありましたけれど、

皆さん、どの方も、
とても謙虚でした!!!

小林麻耶さんと、
私がアドバイスしてさしあげた
元アナウンサーの皆さんの
一番大きな違いは、

「自分で自分を演出する」

このことを、
しっかり意識している、ということです。

いやもちろん、
知名度の違いは、あるでしょう。

また、そもそも、
小林摩耶さんの精神状態が
普通じゃないのかも…という
疑いもあります。

しかし、そもそもの違いとして、
私がお教えしてきた
元アナウンサーの方々は、

見る人のことを第1に考え、
どうしたら分かりやすくなるか構成を練り、
自分の与えるイメージを大事にしています。

つまり、
「見られる自分」に甘えず、
自分を自分でプロデュースすることに
しっかり、心を砕いているんです。

それは、
見ている人にも
しっかり伝わります。

案の定、
小林摩耶さんの動画には、
低評価も、ものすごい数が
ついてしまっています…

もし、小林麻耶さんが、
自分で見せ方をしっかり考えていたら…

せめて、最低限、
画面は真っ直ぐにして、
顔も明るくキレイに照らして、

背景も、
あんなショボイカーテンじゃなくて、
キチンと整えられたリビングにして、

手元でこそこそスマホをいじらずに
それまでテレビで見せてくれていた
素敵な振る舞いを
YouTubeでもしていたのなら…

おそらく、こんなに、
炎上するようなことは
無かったのではないかと
思うんですよね….

「日常の素を見せる」というのも、
実は、演出です。

ただ、ありのままの日常を、
ダラダラさらすことは、
一部のマニアにとっては
受けるかもしれませんが、

それは、単に
「粗雑」なだけの振る舞いです。

あなたの動画は、
大丈夫ですか?

「素のあなたが喜ばれるんだから、
何も考えずに、ただ撮ればいい!」

そういう、無責任なアドバイスを
真に受けていませんか?

すっぴんの荒れ荒れなお肌と、
ナチュラルメイクは、違います。

そして、
「動画で見せる素顔」というのも、
戦略と演出が、必要なんです。

そんなに難しいことじゃありません。
でも、知っているのと知らないのとでは、
大違いなんですよね….

https://semican.net/event/SC190061/gxsskk.html

 

あなたには、
本当にあなたのことを
好きになってくれるコアなお客さんを
動画でしっかり集めてほしいと
心から願います。

ではでは、また!